2019年12月30日

今年観た映画

さて、いよいよ今年の締めくくりの話題として、今年観た映画について振り返ってみます。印象に残った作品5タイトルは以下。これは今年公開になった作品という意味ではなく、とにかく今年映画館で観たよ!という映画。

・翔んで埼玉
・ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映 アニメーションの神様、その美しき世界
・マーウェン
・テルアビブ・オン・ファイア
・アダムズ・アップル

むむ、こう並べてみると、『翔んで埼玉』以外は皆ミニシアター公開作品。

『翔んで埼玉』はとにかく埼玉県民の盛り上がりがすごかった!いつもは映画館に行かない人まで観に行っていて、県をあげてのお祭り騒ぎを肌で感じることが出来て楽しかった♪さいたま市の映画館ではついこないだまで上映してたくらいの超ロングランでした。

『ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映 アニメーションの神様、その美しき世界』と『アダムズ・アップル』は今年公開の作品ではなく、結構前に作られた作品。『アダムズ・アップル』は主演のマッツ・ミケルセンが出演する映画がこの秋重なったこともあって、そのマッツ祭りに合わせて日本で初公開されたものっぽい。

『アダムズ・アップル』は作品のインパクトでいったら今年NO.1!いろいろすごかった〜(笑)シュールだけど深くてめちゃ好みの作品でした。日本ではDVD・ブルーレイ化する予定がないらしく、映画館で観るしかない作品なんだけど、結局一度しか行けなかったのが悔やまれる(>_<)もう一度どうにかして観たい・・・!

『マーウェン』も良かったなあ。ロバート・ゼメキス監督ってやっぱり好き。1/20にはBSシネマでロバート・ゼメキス監督の『ザ・ウォーク』(実在した綱渡りの大道芸人の話)が放送されるので楽しみ。『テルアビブ・オン・ファイア』は誰が観ても楽しめる作品で最高!めっちゃ面白かった!(ちなみにまだフムスは食べられてない〜(>_<)

・・・と、書いてて思ったんだけど、この5作品はそれぞれルクセンブルク・フランス・イスラエル・ベルギー、デンマーク・ドイツ、アメリカ、日本、ロシアの作品。一つとして同じ国のが重ならなかったなあ。来年もいろんな国の作品が観れたらいいな(^^)

というわけで今年も一年ありがとうございましたm(__)mどうぞ良い年をお迎えください♪



posted by chocola at 23:26| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

X'mas Love@TSUTAYA O-EAST

毎年恒例のX'mas LOVE、今年も友達と行って来ました!だいたい毎年友達と会うのも久しぶり、というパターンになり、公演の前も後もひたすら積もりに積もった話をくっちゃべってて、公演内容すらよく覚えてない状態になるんだけど、ちらっとだけ感想。

(ネタバレあるので明日大阪行く人は読まないでね!)

今回一番これをやってくれて嬉しかった!というのは「Good Morning Good Morning」。『ELEVEN GRAFFITI』は好きなアルバムだし。前にもどこかで演奏したかもしれないけどちょっと記憶になかったので嬉しかった。あとミラーボール回った時のクリスマスソング、聴いたことあるけど例によって誰が歌ってるのかわからない・・・。むむむ

YouTubeを検索しようにもタイトルも全く不明。わかってるのは印象的なメロディだけ。ってことでSpotifyでクリスマスのプレイリストをしらみつぶしに聴いてみる作戦!・・・で、何十曲目かでようやく発見(笑)っていってもサビのとこだけ聴いたし、知ってる曲はすっ飛ばして聴いてったのでそんなに時間はかからなかったけど。


こういうタイトルだったのかー!全然知らなかった!(笑)ちなみに今年のクリスマスは特別なものになる、と言った歌詞。本当に良いクリスマスになりそうですなあ〜(^^)

あとはこの時だけしか聴けない「Winter's Tale」は当然盛り上がり、「接吻」のイントロでウッドベースの弦をはじくんじゃなくて弓で弾くというかなり大人っぽいアレンジで良かったなあ。毎度最後がグダグダな感じになる「Jumpin Jack Jive」も楽しめました(笑)

今年を振り返るMCが珍しく長めで、サンタクロースというキャラ設定に忠実であろうとする木暮さんに「もうそれはいいから」と普通に木暮さんと話したがる田島さんが面白かった(笑)だけどそのMCのあとは例年のごとくダーッと歌が続きましたが。

私はもう昨年からSlow LIVEに行ってないのでどうだったかわかんないけど、今回のはメンバー皆が座った状態でのライブで(もちろんウッドベースは座れないけど)、アコースティックセットはこれからこんな感じで行くのかな、という風に思いました。これからもどんどん進化していきそうだなあ。

てことでざざっと感想でしたー!\(^o^)/

posted by chocola at 20:06| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

今年を振り返ってみたり

冬至ということで今年を振り返ってみる。今日が冬至だとハタと気付いて「あっ!」と思いました。そうだった・・・!毎年冬至前の数週間は必ずと言っていいほど気持ちがものすごい下がるんだったorz今年のは結構ひどかったなあ〜。でも、闇が深ければ光も強くなるわけで、来年は良い年になりそうな予感♪←どこまでも前向き(笑)眉間にシワ寄せてないで笑っていこう。どうせ人生なんて冗談なんだし。

てことで今年の振り返りなど。今年一番の思い出はなんといってもフジロック!!自分の人生でまさかフジロックに行く日が来るとは本当に思ってもみませんでした。何しろスタンディングのライブに行くことさえ一生無いだろうと数年前までは思ってたわけですし(^^;

それにしてもフジロックのステージのライティングはめちゃくちゃカッコ良かったなあ〜。サーチライトが夜空をぐるぐると照らしているのも初めて見たし。いろんな意味で別世界。レインコートにトレッキングシューズがドレスコード、みたいな世界はフジロックくらいだよね(笑)

会場の場の空気も最高で、そんな中のオリジナル・ラブのライブはいつも以上にカッコ良かったし、たまたま通りかかったステージで佐野史郎さんが普通に歌っているのを見たときはビックリしたし(パンフには名前が載ってなかった!)。会場から会場への想像以上の遠さ&雨に打たれたのも良い思い出。たった一日だったけど、そして大変な一日だったけど(笑)、思いきって行って良かった。

そしてそして・・・なんといっても、帰って来てからフジロックの配信で観てどハマりしたキュアー!\(^o^)/まさかこの年になってこんなにどハマり出来るバンドにまた出会えるとは思ってもみなかった!!おおげさでもなんでもなく、キュアーの音楽を知らないまま死なずに本当に良かった。

キュアーの音楽は本当に美しくて、ファンタジックというかまるで夢の中にいるようだし、Shake Dog Shakeみたいなハードロックな曲さえ美しい。ロバート・スミスさんの美学みたいなのがどの曲にも貫かれている感じですごい。つい最近まで知らなかったくせにもう〜めっちゃくちゃ尊敬しています、はい。当分キュアーが日本に来てくれないなら、海外までライブ観に行きたい気分。

そう・・・死ぬまでにやりたいことって私にはいくつかあるんだけど、星空がきれいに見えるところで天の川を見たいっていうのとか、ロケット打ち上げを見たいっていうのとか。そして今年、キュアーのライブを生で観たい!っていうのもめでたくそれに追加されました(笑)

そうだ、そういう意味でいうと、フジロックは行ってみたいけど行くのは無理だと思ってた場所だったので、死ぬまでにやりたいことを一つやった、とも言えるような。昨年はポール・マッカートニーのライブに行ったけど、それもかつてあきらめていたことだったんだよね。だから壁をひとつずつ越えてきた、とも言えるなあ。何を大げさな、と思われるかもだけど、私には大きな一歩だったのです。

てことで来年もなにかひとつ壁を越えられるよう頑張りたい(主に自分のスキルアップ!)。これはちょっと無理しないと出来ないな、とか、ちょっと抵抗あるけどやってみたいなっていうことにチャレンジしたい。筋トレとかでよく言われることかと思うけど、ちょっと負荷をかけないとダメなんだよね。今年、転職によって一段登れたので、来年もまた一段登って、少しずつ枠を広げていけたいな、と思います。

posted by chocola at 16:48| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

プラチナ・シリーズ 第4回〜HAPPY BIRTHDAY to/from ミスター・ギタリスト〜

こないだ東京文化会館で開催された鈴木大介さんのコンサート(ゲスト:渡辺香津美)に行って来ました!\(^o^)/

よく知ってる曲はひとつもなく、しかもクラシックギターのソロだけ(後半は香津美さんとのデュオ)というコンサートはいまだかつて観た経験がなく、初めて尽くしのコンサートとなりました。コンサートの趣旨としては、いままでに大介さんはいろんな人にギターソロの曲を書いてもらってきたようなのですが、その集大成を御披露目する会という感じ。

そういった会の締めくくりにふさわしく、渡辺香津美さんから鈴木大介さんへのバースデープレゼントとして贈られた曲が本編最後に初披露されました。それぞれの作曲者さんたちもおおよそ観客側にいらしてて、曲が終わる毎に作曲者もステージにあがって挨拶していました。そういうのも初めて見たような気がするなあ。

また、鈴木大介さんは作曲家の故・武満徹さんに目をかけていただいていたようで、武満さんの曲も何曲か披露してました。アンコールに再び香津美さんを舞台に呼んで二人で「小さな空」という曲を演奏してくれたんだけど、これまた武満さんの曲。武満さんの曲はメロディも美しく、素敵な曲ばかり!

今までなんとなく武満さんの名前は聞いたことあったように思うけど、今回初めてちゃんと楽曲を聴いた気がして、自分の中ですごい収穫となりました。「森のなかで」っていう曲も良かったな。それと「どですかでん」という曲も良かった・・・と思って検索してたらYouTubeににこんな動画が!オイオイ、この4名、最強の布陣じゃん!!Σ(゚Д゚)


「訓練と休息の音楽」では香津美さんがギターをこつこつ叩いて音を出してみたり、すごくカッコいい曲でした。また、他の作曲者さんの曲ではボトルネックを使ってフレット無視で演奏してみたり、波みたいな音を出してみたり、あるいは琴みたいな音に聴こえたり、デュオになって弦の数が増えるとアルペジオがハープみたいに聴こえたりと、一つの楽器なのにいろんな表情を見せるクラシックギターに驚き。

鈴木大介さんはクラシックのギタリストということで堅めな感じの人物を想像してたけど、くだけた感じの面白い人だったなあ〜。香津美さんは作曲者を前に演奏しなくちゃならないことにプレッシャーを感じてたらしく「(昨日は)眠れなかった」ってMCで言ってた(笑)そんな香津美さんが大介さんにプレゼントした曲「トパーズ」は和音の響きがとっても素敵な曲でした。

また、大介さんの誕生日当日ということでアンコールに登場した香津美さんの手にはバースデーケーキが!感激のあまり大介さんが声を詰まらせる場面も。しかし、このケーキ舞台上のどこに置いたらいい?これからギター弾かないとならないんだけど(^^;)って感じでちょっと困ってる香津美さんが可愛かった(笑)

さて、そんなこんなで公演が無事終了すると、私はだんだんドキドキしてきました・・・!なぜかというと、コンサートの終演後に二人のサイン会が開催されることになっていたから・・・!

前もってそう聞いていた私は開演前に香津美さんの『Guitar is Beautiful』というアルバムを買っていました(ボレロ入ってるし、最近聴き始めた高田漣さんの名前もあったので)。待っていると先に大介さんが出てきて、後から香津美さんも出てきました。サインをもらうために行列に並びながらもう「ど、どうしよう・・・!」とドキドキがとまりません(笑)だってギターの神様に直接サインもらえるとか無いっしょ!!

しかしいよいよ私の番が!まずは手前に香津美さんがいらっしゃったのでアルバムにサインをもらおうとおずおずと差し出しました。で、ここでちょこっと勇気出して話しかけさせてもらったら、サインをし終わったあとにその内容に対しての言葉を返してくれた・・・!(そんなに大したことは言ってないけど、私が何と言ったのか、それに対して何と声掛けしてもらったかはもったいないので内緒!)。とにかく私が発した内容を受け止めてくれて、それに対してちゃんと言葉を返してくれたことにマジ感動したっす・・・!(ToT)

てことで、このコンサートを教えてくれた友達と公演後に話し合い、香津美さんはやっぱり神だね・・・!!という結論に達したのでありました。

posted by chocola at 23:59| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

プラチナ・シリーズ

休日、友達に誘われて江戸東京博物館に大浮世絵展を観に行ったときのこと(これに関してはまた他の時に書くけどこの展覧会も最高でした!)。体調いまいちだったけど、人と会う方が気が紛れて元気でるかも、と思い出掛けてきました。

で、展覧会を楽しんだ帰り、とある駅を歩いていると、たまたまあるイベントのポスターが構内に貼ってあって、友達は別の理由で、私は渡辺香津美さんが写っている、という理由で同じポスターに目がとまりました。

その場で香津美さんの話になり、「香津美さんてすごいよね!今年観に行ったんだよ!(≧▽≦)」と言うと、友達が「え?!こんなとこにまさか香津美さんを好きな人がいるとは」と私の発言にびっくりしている模様。そっか!そういえばNAGOYA JAZZ WEEKに行ったことは友達に話してなかった。

そもそも彼女はクラシック畑の人なので、私がふだん行ってるライブやフェスの話をしても多分訳わからないだろうなと思って、一切彼女の前で話してこなかったんだよね。一方彼女も私がまさか香津美さんのライブを観たことあるとは思ってもみなかったようで驚いたらしい。

そしたら、「このポスターのイベント、行きたいなら招待券もらえるからあげるよ!」って話になり・・・「えっ?!Σ( ̄□ ̄;)」(すごい勢いで彼女の方を見る私(笑)そ、それは当然行きたい・・・!香津美さんの凄テクニックまた見たいもん!!香津美さんはゲストだから2曲くらいしかやらないだろうって話でしたが、メインの方の演奏も聴いてみたいのでお言葉に甘えることに。

クラシック畑の彼女もやっぱり香津美さんは"神"と言ってたよ!どうやら彼女は香津美さんがギターでボレロを弾いたのを聴いたことあるらしいんだけど、それがすごいんだって!ギターでボレロ・・・!ほえ〜Σ(*゚Д゚*)いいなあ〜、聴いてみたい!

それにしても、たまたま乗り換え駅で友達とそのポスターを目にしなければ、私はこのイベントを知らないままで、彼女とこうやって香津美さんの話をすることもなかっただろうと思うと、とにかくそのポスターにめぐりあえた偶然がすごいなと思ったのでした。

てことで棚からぼた餅的な明日の鈴木大介さん&渡辺香津美さんのコンサート(プラチナ・シリーズ第4回)、楽しんでくるどー!\(^o^)/

posted by chocola at 21:28| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。