2020年04月28日

最近観た映画

・・・と言ってもこのご時世、映画館には観に行けないし、レンタル屋にも借りに行けないので、U-NEXTに入会。そこで観たのと、BS等で観た作品をざざっと覚え書き(※完全に自分が観て感じたことを書き留めておこう、というメモです)。

1.ローズと秘密の頁
舞台は1930年代のアイルランド。かなり非人道的な行為もされていた時代なんだなと思った。今の時代はネットでの監視社会だけれど、この時代は実質的な監視社会というか。この時代のアイルランドに比べれば今の日本はマシなのか、どうなのか・・・なぜ人は人のことを監視しようとしたがるんだろう、なんてことを考えました。

2.街の灯
これはBSシネマで観ました。オープニングのシーンにすごく見覚えがあった。ところどころ覚えてるシーンもあったけれど、お話の内容はほとんど覚えてなかった。チャップリンの作品をよく観ていたのはおそらく十代〜ハタチごろ。だいぶ昔のことだから覚えてなくても仕方ないかも。チャップリンの動きを見ていて、志村けんさんはチャップリンから相当影響を受けたんだろうな、と思った。

3.エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜
以前からずっとこの作品を観たいと思ってました。主演はマリオン・コティヤールさんっていう好きな女優さんだし。でもなかなかきっかけがなく・・・そしたら萩原健太さんのラジオ番組で加藤登紀子さんによる「愛の讃歌」が流れたんですね。それで、この作品を思い出した。で、調べたらU-NEXTでこの映画が配信されてるのを知りました。

私はエディット・ピアフさんの名前は知っていても歌もちゃんと聴いたことがないように思うし、どんな人かも全然知らなかったけど、ドキュメンタリー作品っていうの?史実を元にして作られた作品に最近は興味があって、この作品もすごく面白かった。劇中で「水に流して」ていうピアフの歌が流れるんだけど、この歌は映画『インセプション』で使われてた曲で「おぉ!あれはピアフの歌だったんだ・・・!」と思いました。

4.ドライヴ
『ラ・ラ・ランド』『ブレードランナー2049』等でおなじみライアン・ゴズリングの主演作品(2011年公開)。とにかく全編ライアン・ゴズリングのプロモーションビデオかと思うくらいライアン・ゴズリングがカッコよく映し出されている作品。内容は・・・まあおいておこう(笑)

5.ファンタスティック・プラネット
1973年制作のアニメ映画(フランス・チェコスロバキアの合作)。おそらくこの作品の絵はどこかで目にしたことがある人も多いのでは。とにかく独創性がすごい!おそらくいろんな人に影響を及ぼし続けているであろう作品。一度は観るべし!

6.マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!
俳優のマイケル・ケインが案内役として、激動の1960年代のロンドンに何が起こっていたのか?実際の映像をふんだんに取り入れて作られたドキュメンタリー作品。ポール・マッカトニーやストーンズ、ツイッギー等々、音楽・ファッション・アートといった当時の文化を知ることが出来ます。イギリスの階級社会についても知ることが出来ました。

7.写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと
こちらもドキュメンタリー。晩年のソール・ライターの自宅での様子などをおさめた記録映画。ソール・ライターが語った言葉を覚え書き。

「人生は・・・本当の世界は隠れたものとつながっている。(でも)人は公になっているものが世界の真相だと信じたがる。」
「肝心なのは何を手に入れるかじゃなくて何を捨てるかなんだ。」
「互いに大切に思える誰かと(一緒に)いる方が成功より大事だった。」
「(世の中の人が抱えている)大半の心配事は心配事に値しない。」
「(私は)美の追求というものを信じている。世の中の美しいものに喜びを感じる気持ちを・・・それに言い訳なんて要らない。」
「幸福は人生の要じゃない。大切なのはもっと他の何かだ。」

ちなみにこの作品の日本語字幕は柴田元幸さんでした。

年齢のせいなのか映画をたくさん観過ぎてきたせいなのか、最近はドキュメンタリー、あるいは史実を元につくられた作品のが面白いなあと思います。


posted by chocola at 01:12| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

まとめとして

毎年勝手に田島さんのお誕生日をお祝いして勝手に盛り上がるウィークも今日でおしまい。なぜなら今日が当日だから!(笑)お誕生日おめでとうございます!\(^o^)/

さて・・・うちの会社は3月が繁忙期。なので2月からそれなりに忙しくなりそうだということを前々から聞かされていました。昨年は入ったばっかりで何も任されなかったので、今年が初めての繁忙期。どれだけ大変なのか想像もつかないので、なるべく予定を入れずに仕事に専念しよう、弾き語りツアーは最終日だけ観に行くことにしよう、と決めていました。

なので私の場合はLove Jam以降、4月までもともとライブに行く予定はなかった。とはいえ・・・まさかこんな事態になろうとは夢にも思っていませんでした。皆、きっとそうだよね(^-^;

こういう事態になったのをうけ、田島さんは、とりわけ延期になってしまった2月末からの3公演に来る予定だった人たちに向けて、3月1日にインスタで無料のライブ配信をしました。それを皮切りに、その後だだだっといろんなところに出演したり、有料配信ライブを開催したり。もちろんこういうことにならないのが一番良かったけれど、これはこれでとても楽しんだ私でありました。

3月1日のインスタライブでは「好運なツアー」がやっぱり今の状況に沁みる歌だなあと思いました。当たり前の日常は当たり前じゃない、実はとっても好運なことなのだ。でも時にそれを私たちは忘れてしまう・・・そういう内容の歌です。好きな歌なので嬉しかったい!インスタライブの前にリハーサルもちょこっと配信していて、「遊びたがり」を弾いてたかな?運良く観れてそれも嬉しかったです。

また、4月11日にも本当にゲリラライブといった感じで突如前触れもなく、インスタライブをしていました。21時半過ぎくらいだったかな?私は『スッキリ』の録画をまた観ていて、他の録画したやつもこのまま続けて観ようか、どうしようかなとふとスマホの時計に目をやったら通知が来ていて慌てて観始めたのでありました。この時は、

1.Both Sides Now
2.四季と歌
3.bless You!

こんな曲順だったかと。「Both Sides Now」また聴けて嬉しかった!洋楽カバーもまた聴きたいなあ〜。この日はSLOW DAYSというフェスに出演予定だったので、楽しみにしてたファンのためにせめてちょっとだけでも、ということなのかなと思いました。田島さん、ライブやりたいだろうなあ・・・(ToT)

私が行ったライブは最初に述べたようにLove Jamが最後。つまりライブに行けなくなってすでに3ヶ月くらい経ちます。GWのビバラロックもすごく楽しみにしていたんだけど残念・・・。もちろん、いま開催されたところでまだ手放しで楽しめる環境ではないのも事実。でもやっぱり好きなミュージシャンと同じ場所で一緒に音楽を体感することが出来ないのがこんなに寂しいことだとは(;_;)

もともと私は十何年もの長きに渡ってライブに行ける環境じゃなかったし、趣味もたまにライブや映画館・展覧会に行く以外は家でひとりで音楽聴く、あるいは映画観る、あるいは本を読む、という超のつくインドア派なので(外食もほとんどしないし)、この環境は一般的な人よりはさほど苦ではないかもしれません。しかし、ライブに行けないのは痛い。本当に一刻も早い収束を祈るばかりです。

また元気に同じ場所にいられる日が来ますように・・・!心からそう願っています。皆様どうぞお気をつけて。私も気を付けます。笑顔でその瞬間を迎えられるその日まで、共にこの荒波を乗りきっていこうぜ!イェー!!(すいません、心根はロッカーなもので(笑)

posted by chocola at 00:08| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

テレビ出演まとめ

コロナがいよいよやばい、となってから、田島さんのテレビへの出演が続いたりしてそれもまた嬉しかったのですがその辺をまとめてみます!

まずはなんといっても数々の有名な海外アーティストも生で出演してきた朝の情報番組『スッキリ』への出演!(3月24日)。出演を知った時は「ひえー!マジか!」って感じでした(笑)いろいろ理由つけてその生放送を観てから会社に行った私。すでにテレワークが始まっていた友達や、スカパラファンの友達と朝からLINEで盛り上がりました!

スカパラは今年30周年。その記念アルバムの告知もあっての出演かと思われます。で、まずスカパラのパフォーマンスから始まったわけですが、それがGAMOさんの「どこのカメラが一番盛り上がってんだ〜!」のやつで、のっけから朝の絵面じゃないっていう・・・!(笑)その後、スカパラ30年の歴史を振り返り、歌モノの記念すべき第一弾「めくれたオレンジ」を最後に披露する、という流れに。

それにしても私は「めくれたオレンジ」が歌モノ第一弾だとは思ってなかったなあ〜。なぜならスカパラの『グランプリ』っていうアルバムには歌モノが多かったので。ただ、よく考えればその楽曲はオリジナルではなくてカバー曲だったんですよね。谷中さんが「めくれたオレンジ」から歌詞を書き始めたという話を今回初めて聞いた感じ。知らなかったなあ!

てことで、いよいよ田島さんが登場!田島さんがスタジオに出てくるときに、めっちゃ笑い声が聴こえてきたけどその様子は映し出されなくて、「なになに?何が起こってるんだー!」って思いながら見てました(笑)テレビに映る元気そう&楽しそうな田島さんを見て私はもちろんファンは皆とっても嬉しかったんじゃないかと。本当にありがとう、『スッキリ』さん!ライブコーナーしかほぼ観たことないけど(笑)

今回、久しぶりに歌えることや、良い歌詞を書くと谷中さんにほめられたことなどいろいろ嬉しかったのか、とにかくハイタッチ多めの田島さんでありました。バッチーン!っておっきな音を立てていろんな人としてたハイタッチは何度見返しても楽しい(笑)田島さんとスカパラは活動期間も同じくらいかと思われるし、その間にある友情みたいのがとってもいいなあ〜!と思いました。

さて、田島さんが歌ったのはもちろん「めくれたオレンジ」!気合充分な田島さんの渾身のパフォーマンスはほんっとカッコ良かった!1曲しか歌ってないのにライブ中盤みたいなテンションなのもすごかった!「トウキョースカ!」っていうとこもめっちゃカッケかったい!(≧∇≦)最っ高!!とにかく田島さんもスカパラもめっぽうカッコ良くて、ライブ観たことない人は行ってみたくなったんじゃないかなあ〜と思います(^^)

そう・・・今はちょっと記憶が薄れつつありますが、最初の頃、コロナの集団感染が判明したのがまずライブハウスだったんですよね。で、ライブハウスは危険だ、感染の大元だ、みたいな言われ方をされてしまった。今回のパフォーマンスによって、ライブハウスに行ったことのない人たちによる"ライブ"に対する印象は格段に良くなっただろうなあ〜、と思います。

不安を抱えてるだろう全国の人たちもこの放送を観てきっと元気をもらえたと思うし。ずっと応援してる人がこうやって人に勇気を与えたり元気づけたりするのを見るのはとっても誇らしいし、素晴らしいなあと思いました(^^)

続いてスッキリ以降のテレビ出演の話題。まずはこのタイミングで昨年開催された田島さんが会場を湧かせに湧かせたJ-WAVE主催の音楽フェス・ギタージャンボリーの再放送もありました(3月26日)。さらに私が本放送を観損ねたCoversフェスの再放送も(3月29日)。BSPで放送されている『Covers』は1年に1度フェスが開催されていますが、田島さんはそのフェスに5年連続出演しています(最多出場)。

今回まず歌ったのは布施明さんの「君は薔薇より美しい」。田島さんは歌い上げる系の曲が似合う&ビッグバンド従えて歌うのも似合う!本当に舞台映えするなあ〜。そしてもう一曲カバーしたのが大瀧詠一さんの「指切り」。これまた良かった!リリーさんも思わずカッコいいって言ってましたね(^^)これはすごくとらえどころのない曲というか、歌詞の言葉の切り方も普通じゃなくて面白い曲だなあ〜と思いました。大瀧詠一さんてやっぱりすごかったんだなあ。

そして最後にフジテレビ『Lovemusic』への生出演について(3月30日)。これはせっかくの生放送ということで、いつもは1時前に寝る私だけど今回ばかりは生で観ようと待ち構えて観ました。この生放送は今回のコロナ禍の事態を受けて、歌の力で世の中を元気づけよう、というような趣旨があったものと思われます。

出演していたのは、田島さんと宮本浩次さん以外は若手のミュージシャンが多かった印象。田島さんはトリで登場しました。一体何を歌うのかな?と思ってたらなんとリゾネーターギターでのフィエスタ!Σ(゚Д゚)初めて観た人の中にはあの銀ピカのギターは何?って思った人も多いんじゃないかな。まあ〜、大迫力のパフォーマンスでカッコ良かったです!

・・・ということで、テレビ出演についてまとめてみました。次回はお誕生日祝福ウィークの総まとめを書く予定です!たぶん!

posted by chocola at 23:01| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

J-WAVEラジオ出演まとめ

3月20日はJ-WAVEでもInterFMでも長時間に渡っての生演奏を放送した日で、リスナーからするとなんでそんなスペシャルな企画をわざわざ同じ日に開催するんだ!と思いました(^^;ちらっとInterFMも聴いたけど、私は基本J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TOKYO GUITAR JAMBOREE@六本木場所を聴いていました。

いまは田島さんお誕生日祝福ウイーク真っ最中ということで、当然こちらも田島さんが出演してたから取り上げております。そもそも、J-WAVE主催の音楽フェス・ギタージャンボリーがコロナによって延期になり、その代わりにそのフェスに参加する予定だったミュージシャンたちが急遽集められ、生放送でなんと9時間に渡って弾き語りをすることになったわけです。

↓こちらはギタージャンボリーのために描かれた田島さんの似顔絵
EThoSmeVAAAk78A.jpg

この放送で弾き語りをしたのはAnlyさん、ハナレグミ、Charさん、真心ブラザーズ、氣志團、MOROHA、奥田民生さん・・・等々、個性的なメンツが勢ぞろい。田島さんの前はポルノグラフィティの岡野昭仁さんが出演。岡野さんもあの歌唱力だし、スガシカオさんともコラボしたりして盛り上がったのですが、次に田島さんが出てきてリゾネーターギターをかき鳴らしたとたん、全部吹っ飛びました(笑)

会場(って言っても関係者しかいないんだろうけど)の盛り上がりも聴いてた中で一番すごかったし、いままでの出演者たちと音の厚みが全然違う・・・!田島さんの弾き語りはギターを弾いて歌うだけでなく、さらに両足でフットストンプとタンバリンを交互にバシバシ踏みながら歌っているんですね。完全に身体に覚え込ませるまでギターを弾き込んでからパフォーマンスしてるんだろうなあ〜。

曲目でいうと、「遊びたがり」はやっぱり生で聴きたいなと思ったし、「bless You!」のギターはめちゃカッコ良かった!また、田島さんが演奏していたのは日当たりの良い場所だったらしく、これから演奏する曲(「接吻」)は、部屋のカーテンを締めて聴いてね、とMC。確かにポカポカ日向ぼっこしながら聴く曲ではないかも(^^;

一人の持ち時間は約20分くらい?短かったけれど圧巻の弾き語りでした。家で手拍子しながら聴いていて、終わるころには体もポカポカ(^^)♪なんかこう胸のあたりからじわじわ暖かくなってくる感じなのです(遠赤外線っぽい暖かさと言ったらいいか)。

前代未聞といってもいい9時間に渡っての弾き語り番組は、初めましてな出会いの音楽もあり、すっごく楽しかったです。ギタージャンボリーが延期で開催されるならぜひ行きたいな、と思います。

さて、続いては4月12日に放送された、こちらもJ-WAVEの番組、『Mercedes-Benz THE EXPERIENCE』について。これはスガシカオさんのラジオ番組で、田島さんはゲストで出演しました。

時代も場所も自由に選んでその場所へドライブする、といったコンセプトの番組で、田島さんが選んだのは60〜70年代辺りのメンフィス。スタックスというレコード会社があったり、エルヴィスもこの町でレコーディングしたりと、音楽的にすごい場所らしい。オリジナル・ラブのライブ会場で買えるグッズに指をマークにしたデザインがあるんだけど、その指のポーズはどうやらこのスタックスレーベルのデザインを真似っこしたっぽいです。

番組では、前半は田島さんがスタックスをテーマに絞りに絞って選んだと思われる3曲を流していました。途中、オリジナル・ラブの曲が流れて、続いての3曲はスガシカオさんの選曲。それがこちら↓

1.I HAVE LEARNED TO DO WITHOUT YOU / MAVIS STAPLES
2.WHATCHA SEE IS WHATCHA GET / DRAMATICS
3.THE WHOLE DAMN WORLD IS GOING CRAZY / JOHN GARY WILLIAMS
4.BLESS YOU! / ORIGINAL LOVE
5.TRY A LITTLE TENDERNESS / OTIS REDDING
6.OTIS / JAY Z/KANYE WEST FEAT.OTIS REDDING
7.I CAN'T STAND UP FOR FOLLING DOWN / SAM AND DAVE

田島さん、メイヴィス・ステイプルズのアルバム『Only For The Lonely』はとっておきの時しか聴きたくないくらいのお気に入りのアルバムだそうで、夜中に一人でアルバムと向き合って聴いてほしい、とも。確かに、アルバムとか映画とか楽しんでるときには誰も入ってきて欲しくないっていうのわかるなあ。しかし、紹介してる時のテンションがすごかった!

「WHATCHA SEE IS WHATCHA GET」はかつてよくクラブでかかってたそう。こないだ『スッキリ』で谷中さんが若かりし頃にクラブでよく飲んで酔っぱらってたっていうことをバラしてたけど、当然田島さんもその現場にいたから知ってたんだろうなあ(笑)

スガシカオさんが選んだオーティス・レディングの「TRY A LITTLE TENDERNESSは私がこの中で唯一知ってる曲。"オーティス愛に溢れている"カニエ・ウエストとJAY Zの「OTIS」も面白くて良かった!そんな風にいまだいろんなミュージシャンからリスペクトされているオーティスだけど、サム&デイヴはめちゃ会場を盛り上げるのが上手だったらしく、オーティスはあの二人の後はやりたくない、と言っていたそう。

どうやらスガシカオさんによると田島さんの後はやりたくない、というミュージシャンは結構いるそうで、サム&デイヴ=田島さん、という式が成り立つみたいです・・・!なんと!でもそれぐらい同じミュージシャンに認められてるってすごいな、と思います。

また、スガさんは田島さんのことを"アジア一のドブロ(=リゾネーターギター)弾き"とも称していたのが印象的でした。アメリカには化け物みたいなドブロ弾きがいるそうですが、でも田島さんはギターを弾くだけじゃないからなあ〜!トータルですごいんであって、そう考えるとアメリカにも田島さんみたいな人はそうそういないんじゃないだろうかと私なんかは思うのでした。

てことで以上!・・・あとね、2回くらい書くよ!タイミング良く自宅待機で時間いっぱいあるし!(笑)

posted by chocola at 23:58| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

KIRIN BEER "Good Luck"LIVE

こないだTOKYO FMの『KIRIN BEER"Good Luck"LIVE』が残念ながら最終回となってしまいました。そんなに聴いてたわけじゃないけど、ライブをそのまま流すっていう音楽番組らしい番組で良いなあ、と思っていたのでちょっと残念。

で、その番組のトリを田島さんが飾ったので、その時の感想。この番組は観客を前に演奏するというまさにライブ感を出す番組なんだけど、コロナのことで残念ながら無観客での放送となった模様(もちろんスタッフとかはいたようですが)。以前にも田島さんはこの番組に出演して、その時は「恋の彗星」とかを歌ったような?(違ったらごめんなさい!)

しかし、前回出演した時はなんかのツアーの真っ最中。まだそのツアーの公演を観に行ってなかった私は、そのセットリストからの曲を必ず歌うだろうと想定し、この番組を生で聴かなかったのでした(^^;だってどんな歌が歌われるか前もって知りたくなかったんだもん・・・!数日後、公演を観てから初めてradikoのタイムフリーで聴いた思い出があります。

番組のMCは吉本の小籔さん。小籔さんはいろいろ名言を言っていて面白かったな。田島さんて"足腰強い"っていう表現とか(実際の"足腰"という意味ではなく)、また、田島さんの演奏は"目奪われる度ランキング1位"、"暖炉の火ぐらい見てしまう"だとも(笑)田島さんのことを"ミュージシャンの中のミュージシャン"と言ってたのも印象的でした。

なんとなく吉本とかのお笑いの人ってミュージシャンを茶化して笑いをとるようなイメージがあって、音楽の世界に足を踏み入れられるのあんまり好ましく思ってなかったんだけど(おそらく元はダウンタウンのせい(笑)、ああ、ちゃんと音楽を好きな芸人さんもいるんだなあ〜、と思いました。

てことで、次はライブ本編について。まずこの番組で演奏してくれた曲目をご紹介。

1.フィエスタ
2.ZIGZAG
3.海が見える丘
4.神々のチェス
5.ゼロセット
6.接吻
7.bless You!

曲目で一番びっくりしたのは「神々のチェス」ですがそれはちょっと置いといて、「フィエスタ」は(「フリーライド」も)もうリゾネーターギターでの代表曲!という感じ。すっごい迫力なのだ!他のラジオ番組でスガシカオさんにドブロ(=リゾネーターギター)を弾かせたら日本一いや、アジアで一番、と言われてましたが、ほんとすっごいのでまだの方は一度観てみることをおすすめします!

2曲目から4曲目は特に歌詞が素晴らしい曲が続いた感じ。「ZIGZAG」の歌詞は特に好き(^^)「海が見える丘」は聴いていて情景が浮かぶ歌。そういえばずっと前にどこかで、この歌は子供の頃に海が見える街に住んでいて、その時のことを思い出しながら書いた曲、と言っていたような覚えがあります。

で、「神々のチェス」!これはラジオから流れてきてマジびっくりしました!まさかこの曲を弾き語りでやるなんて・・・!これは『L』っていうアルバムに入ってるすっごい好きな曲なんだけど、なんていうか完璧に世界観が出来上がってる曲で、この曲をライブで聴けることはまずないだろうなあ〜と思っていたので、嬉しいやら何やらで超動揺(笑)

曲の神秘的な感じはそのままで、まるで神殿で奏でられてるようだったし・・・!じーん(T_T)この状況下、いつライブに行けるようになるのか先も見えないけれど、いつかこの曲を生で聴く日が来るまで日々頑張る・・・頑張るよ・・・!

最後の「bless You!」も、アルバムでこの曲を初めて聴いたときにはこんなご時世になるなんて思いもよらなかったけど、今とっても響く歌になっているなあ〜と・・・こうして人を勇気づけたり元気づけたり出来る音楽ってやっぱりすごいし、素晴らしいなって思いました。

受け手側の人間のひとりとして、大好きな音楽に対して出来ることを出来るだけやっていきたい、応援していきたいなと改めて思います。
Keep Music Going!

posted by chocola at 00:26| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。