2020年07月03日

バンクシー展@横浜アソビル

行ってきましたー!バンクシー展@アソビル。コロナのことがあって行きたいけど当分無理だろう(;_;)と諦めていましたが、平日に有休とってエイッと行ってきました。なぜかというと6月になって通常勤務になり、緊急事態宣言下の間にたまりにたまった仕事を淡々とこなしてきたけど、三週間たって「これはもう精神的に無理・・・」と思い、心の栄養を摂る必要があったからです。

で、まずは朝イチに渋谷へ行き、これまた久しぶりに映画館に行って『白い暴動』を観て、その足で東横線に乗って横浜へ行ってバンクシー展を観てきました。結論から言うと文化は私の人生にとってやっぱり必要不可欠なものだなあ〜と。音楽や映画や芸術や・・・そういう文化全般は不要不急のものとされがちだけど、めちゃ必要だし、精神的に枯渇した時は急いで摂取する必要もある( ー`дー´)キリッ✨

こういう状況下になってなんでも配信化されるようになって、それはそれで新しい楽しみ方が出来て嬉しいこともあるけれど、やっぱ芸術作品とかって実際作品と対峙しないとわからないものもあると思います。音楽のライブもそうかなと。映画もあの空間に行って作品を観るっていうことに良さがあるし。その場所に足を運んで文化に触れるって大事だなと改めて思ったのでした。

てことでバンクシー展!(田島さんがこの展覧会に行ったとツイッターであげた時は「先越されたあー!」と思いました(笑)思ったよりも見応えあって良かった!見せ方にも工夫がこらされてて楽しめる展覧会でした。

(田島さんが写真撮ったところと同じ場所で。奥行きあるように見えるけど実は違うのです!)
20200701235634030.jpg

展覧会を観たらますますバンクシーに興味を持って、U-NEXTの『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』というドキュメンタリーも観ました。2013年10月、バンクシーは「これから一ヶ月ニューヨークで毎日作品を発表する」と、ルパンの挑戦状よろしく大々的に世の中に宣言をした上でそれを決行。その狂乱の一ヶ月@ニューヨークを追ったドキュメンタリー。

この作品を観てから行っても、バンクシー展が先でもどちらでもいいかもですが、セットで観るとより理解が深まるかもです。この作品の中で、バンクシーは"人々の思考停止に疑問を投げかけてる"という言葉がありましたが、まさにそうかも、と思いました。作品を通して、バンクシーから問いかけられてる感じはすごくあります。

バンクシーのキャンパスは街の壁だったり公共のものだったりするのでもちろん犯罪行為でもあるわけですが、その時点でグラフィティは芸術じゃないなんて言う人がいたら、その人はやはり思考停止してるんじゃないかな。人の心を動かすことが出来たら、それはやっぱり芸術じゃないかと私は思います。

20200701235655076.jpg




posted by chocola at 23:46| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。