2020年06月30日

ベランダ音楽会&ラジオ出演

6月、残業はしちゃダメだということで就業時間内にたまりにたまった仕事&さらに増えた仕事をこなさなきゃならなくて毎日必死でした・・そんな中でも、音楽を聴いたり配信ライブや映画を観たりと割とインプットは多かったので、しばらくこのペースでダダッと感想を書き続けようかなと思ってます。

さて、時間は遡りますがまずは5月23日に開催された田島さんのベランダ音楽会vol.4について・・・わっ、もう一ヶ月以上前?!Σ( ̄□ ̄|||)。

この時の一曲目はなんと「エイリアンズ」!ひえー!これは全国各地で悲鳴が上がったことだろうと思いました(笑)と、そうそうこの配信の前にインスタで"田島と木暮でOriginal Love!!"の開催を告知した田島さん。そこでは「いつか見上げた空は」を歌って、これは1日アーカイブが残ったと思います。その代わりにこちらのvol.4は残らなかったんですよね。

2曲目は「ミリオン・シークレッツ・オブ・ジャズ」!弾き語りだとまた違う〜\(^o^)/楽しそうに歌っていた田島さんでありました。3曲目は「バイク」。力強い歌声でカッコ良かったい!翌週にはベランダ音楽会もいよいよ最終回を迎えました(残念・・・)。vol.4はジャズギターとアコースティックギターでしたが、今回はリゾネーターギター!

「今日は景気のいいやつやります!」との宣言をしてまずは「Body Fresher」。いつものようにここの部分はベースソロを弾いてるよ、と演奏しながら教えてくれる田島さんでありました。2曲目に行くときにリゾネーターからリゾネーターに持ちかえ(?)なんと「築地オーライ」!久々に聴いたかな?一緒に歌った私でありました(^^)

2曲歌ってすでに汗びっしょりの田島さん、無料配信ライブでもいっさい手を抜かないとこがカッコよし!ブルースハープを装着した最後の曲は「JAMPIN' JACK JIVE」。ネット上ですがコール&レスポンスもやったよ♪そんなわけで5月の憂鬱な期間をおおいに楽しませてくれたベランダ音楽会は元気よく終了したのでありました(^^)

続いて6月11日に放送されたJ-WAVEの「YEBISU BEER BEGGININGS〜LIVE FROM TAKANAWA GATEWAY」。こちらは生放送でライブを届けるという生放送。めっちゃ音が響く会場での、ひとりソウルショウスタイルの弾き語りとなりました。生放送なもので、田島さんはギターを持ち替えるときに空白の時間を出さないようにわざと音を立てたりしていたようです。

田島さんはラジオ番組で5秒間音を出さないと放送事故とされてしまうのでそれを気にしていたわけですが、そういえば今5秒ルールってあんまり聞かないような(・・?昔はよく聞いた気がするけど・・・単に私がラジオをあまり聞かなくなったからかなあ。番組MCのシシド・カフカさんは5秒ルールをご存知なかったっぽいので今はそんなに厳しくないのかも?

曲目は1.築地オーライ 2.接吻 3.フィエスタ でした。接吻だけがジャズギターだったかな?あとはリゾネーターギター。そういえば「フィエスタ」の時にいつものようにばっしんばっしんリゾネーターのボディを叩いてたけど、その音がいつもより高かったような気がしました。気のせいかな?めっちゃパワー全開のパフォーマンスで良かったです!(^^)

しかし「築地オーライ」はオリジナル・ラブには珍しく和風テイストで良き(^^)でもオリジナル・ラブの手にかかるとなぜか外人が日本をテーマに歌ってみたよ的な、外側から見た日本っぽい感じになるのが面白いなあ。7月5日放送の『カバーズ』でも「築地オーライ」を歌ったみたいなのでそれも楽しみ!!



posted by chocola at 22:37| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

J-WAVEラジオ出演まとめ

3月20日はJ-WAVEでもInterFMでも長時間に渡っての生演奏を放送した日で、リスナーからするとなんでそんなスペシャルな企画をわざわざ同じ日に開催するんだ!と思いました(^^;ちらっとInterFMも聴いたけど、私は基本J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TOKYO GUITAR JAMBOREE@六本木場所を聴いていました。

いまは田島さんお誕生日祝福ウイーク真っ最中ということで、当然こちらも田島さんが出演してたから取り上げております。そもそも、J-WAVE主催の音楽フェス・ギタージャンボリーがコロナによって延期になり、その代わりにそのフェスに参加する予定だったミュージシャンたちが急遽集められ、生放送でなんと9時間に渡って弾き語りをすることになったわけです。

↓こちらはギタージャンボリーのために描かれた田島さんの似顔絵
EThoSmeVAAAk78A.jpg

この放送で弾き語りをしたのはAnlyさん、ハナレグミ、Charさん、真心ブラザーズ、氣志團、MOROHA、奥田民生さん・・・等々、個性的なメンツが勢ぞろい。田島さんの前はポルノグラフィティの岡野昭仁さんが出演。岡野さんもあの歌唱力だし、スガシカオさんともコラボしたりして盛り上がったのですが、次に田島さんが出てきてリゾネーターギターをかき鳴らしたとたん、全部吹っ飛びました(笑)

会場(って言っても関係者しかいないんだろうけど)の盛り上がりも聴いてた中で一番すごかったし、いままでの出演者たちと音の厚みが全然違う・・・!田島さんの弾き語りはギターを弾いて歌うだけでなく、さらに両足でフットストンプとタンバリンを交互にバシバシ踏みながら歌っているんですね。完全に身体に覚え込ませるまでギターを弾き込んでからパフォーマンスしてるんだろうなあ〜。

曲目でいうと、「遊びたがり」はやっぱり生で聴きたいなと思ったし、「bless You!」のギターはめちゃカッコ良かった!また、田島さんが演奏していたのは日当たりの良い場所だったらしく、これから演奏する曲(「接吻」)は、部屋のカーテンを締めて聴いてね、とMC。確かにポカポカ日向ぼっこしながら聴く曲ではないかも(^^;

一人の持ち時間は約20分くらい?短かったけれど圧巻の弾き語りでした。家で手拍子しながら聴いていて、終わるころには体もポカポカ(^^)♪なんかこう胸のあたりからじわじわ暖かくなってくる感じなのです(遠赤外線っぽい暖かさと言ったらいいか)。

前代未聞といってもいい9時間に渡っての弾き語り番組は、初めましてな出会いの音楽もあり、すっごく楽しかったです。ギタージャンボリーが延期で開催されるならぜひ行きたいな、と思います。

さて、続いては4月12日に放送された、こちらもJ-WAVEの番組、『Mercedes-Benz THE EXPERIENCE』について。これはスガシカオさんのラジオ番組で、田島さんはゲストで出演しました。

時代も場所も自由に選んでその場所へドライブする、といったコンセプトの番組で、田島さんが選んだのは60〜70年代辺りのメンフィス。スタックスというレコード会社があったり、エルヴィスもこの町でレコーディングしたりと、音楽的にすごい場所らしい。オリジナル・ラブのライブ会場で買えるグッズに指をマークにしたデザインがあるんだけど、その指のポーズはどうやらこのスタックスレーベルのデザインを真似っこしたっぽいです。

番組では、前半は田島さんがスタックスをテーマに絞りに絞って選んだと思われる3曲を流していました。途中、オリジナル・ラブの曲が流れて、続いての3曲はスガシカオさんの選曲。それがこちら↓

1.I HAVE LEARNED TO DO WITHOUT YOU / MAVIS STAPLES
2.WHATCHA SEE IS WHATCHA GET / DRAMATICS
3.THE WHOLE DAMN WORLD IS GOING CRAZY / JOHN GARY WILLIAMS
4.BLESS YOU! / ORIGINAL LOVE
5.TRY A LITTLE TENDERNESS / OTIS REDDING
6.OTIS / JAY Z/KANYE WEST FEAT.OTIS REDDING
7.I CAN'T STAND UP FOR FOLLING DOWN / SAM AND DAVE

田島さん、メイヴィス・ステイプルズのアルバム『Only For The Lonely』はとっておきの時しか聴きたくないくらいのお気に入りのアルバムだそうで、夜中に一人でアルバムと向き合って聴いてほしい、とも。確かに、アルバムとか映画とか楽しんでるときには誰も入ってきて欲しくないっていうのわかるなあ。しかし、紹介してる時のテンションがすごかった!

「WHATCHA SEE IS WHATCHA GET」はかつてよくクラブでかかってたそう。こないだ『スッキリ』で谷中さんが若かりし頃にクラブでよく飲んで酔っぱらってたっていうことをバラしてたけど、当然田島さんもその現場にいたから知ってたんだろうなあ(笑)

スガシカオさんが選んだオーティス・レディングの「TRY A LITTLE TENDERNESSは私がこの中で唯一知ってる曲。"オーティス愛に溢れている"カニエ・ウエストとJAY Zの「OTIS」も面白くて良かった!そんな風にいまだいろんなミュージシャンからリスペクトされているオーティスだけど、サム&デイヴはめちゃ会場を盛り上げるのが上手だったらしく、オーティスはあの二人の後はやりたくない、と言っていたそう。

どうやらスガシカオさんによると田島さんの後はやりたくない、というミュージシャンは結構いるそうで、サム&デイヴ=田島さん、という式が成り立つみたいです・・・!なんと!でもそれぐらい同じミュージシャンに認められてるってすごいな、と思います。

また、スガさんは田島さんのことを"アジア一のドブロ(=リゾネーターギター)弾き"とも称していたのが印象的でした。アメリカには化け物みたいなドブロ弾きがいるそうですが、でも田島さんはギターを弾くだけじゃないからなあ〜!トータルですごいんであって、そう考えるとアメリカにも田島さんみたいな人はそうそういないんじゃないだろうかと私なんかは思うのでした。

てことで以上!・・・あとね、2回くらい書くよ!タイミング良く自宅待機で時間いっぱいあるし!(笑)

posted by chocola at 23:58| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

KIRIN BEER "Good Luck"LIVE

こないだTOKYO FMの『KIRIN BEER"Good Luck"LIVE』が残念ながら最終回となってしまいました。そんなに聴いてたわけじゃないけど、ライブをそのまま流すっていう音楽番組らしい番組で良いなあ、と思っていたのでちょっと残念。

で、その番組のトリを田島さんが飾ったので、その時の感想。この番組は観客を前に演奏するというまさにライブ感を出す番組なんだけど、コロナのことで残念ながら無観客での放送となった模様(もちろんスタッフとかはいたようですが)。以前にも田島さんはこの番組に出演して、その時は「恋の彗星」とかを歌ったような?(違ったらごめんなさい!)

しかし、前回出演した時はなんかのツアーの真っ最中。まだそのツアーの公演を観に行ってなかった私は、そのセットリストからの曲を必ず歌うだろうと想定し、この番組を生で聴かなかったのでした(^^;だってどんな歌が歌われるか前もって知りたくなかったんだもん・・・!数日後、公演を観てから初めてradikoのタイムフリーで聴いた思い出があります。

番組のMCは吉本の小籔さん。小籔さんはいろいろ名言を言っていて面白かったな。田島さんて"足腰強い"っていう表現とか(実際の"足腰"という意味ではなく)、また、田島さんの演奏は"目奪われる度ランキング1位"、"暖炉の火ぐらい見てしまう"だとも(笑)田島さんのことを"ミュージシャンの中のミュージシャン"と言ってたのも印象的でした。

なんとなく吉本とかのお笑いの人ってミュージシャンを茶化して笑いをとるようなイメージがあって、音楽の世界に足を踏み入れられるのあんまり好ましく思ってなかったんだけど(おそらく元はダウンタウンのせい(笑)、ああ、ちゃんと音楽を好きな芸人さんもいるんだなあ〜、と思いました。

てことで、次はライブ本編について。まずこの番組で演奏してくれた曲目をご紹介。

1.フィエスタ
2.ZIGZAG
3.海が見える丘
4.神々のチェス
5.ゼロセット
6.接吻
7.bless You!

曲目で一番びっくりしたのは「神々のチェス」ですがそれはちょっと置いといて、「フィエスタ」は(「フリーライド」も)もうリゾネーターギターでの代表曲!という感じ。すっごい迫力なのだ!他のラジオ番組でスガシカオさんにドブロ(=リゾネーターギター)を弾かせたら日本一いや、アジアで一番、と言われてましたが、ほんとすっごいのでまだの方は一度観てみることをおすすめします!

2曲目から4曲目は特に歌詞が素晴らしい曲が続いた感じ。「ZIGZAG」の歌詞は特に好き(^^)「海が見える丘」は聴いていて情景が浮かぶ歌。そういえばずっと前にどこかで、この歌は子供の頃に海が見える街に住んでいて、その時のことを思い出しながら書いた曲、と言っていたような覚えがあります。

で、「神々のチェス」!これはラジオから流れてきてマジびっくりしました!まさかこの曲を弾き語りでやるなんて・・・!これは『L』っていうアルバムに入ってるすっごい好きな曲なんだけど、なんていうか完璧に世界観が出来上がってる曲で、この曲をライブで聴けることはまずないだろうなあ〜と思っていたので、嬉しいやら何やらで超動揺(笑)

曲の神秘的な感じはそのままで、まるで神殿で奏でられてるようだったし・・・!じーん(T_T)この状況下、いつライブに行けるようになるのか先も見えないけれど、いつかこの曲を生で聴く日が来るまで日々頑張る・・・頑張るよ・・・!

最後の「bless You!」も、アルバムでこの曲を初めて聴いたときにはこんなご時世になるなんて思いもよらなかったけど、今とっても響く歌になっているなあ〜と・・・こうして人を勇気づけたり元気づけたり出来る音楽ってやっぱりすごいし、素晴らしいなって思いました。

受け手側の人間のひとりとして、大好きな音楽に対して出来ることを出来るだけやっていきたい、応援していきたいなと改めて思います。
Keep Music Going!

posted by chocola at 00:26| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

#うたつなぎ

コロナによって家にいなければならない状況が続いておりますが、そんな中、ミュージシャンたちが自分の歌っている動画をUPして、さらに次の誰かに繋げていく、という"#うたつなぎ"がSNS上で流行っているようです。先日、田島さんもそれに参加していました。

田島さんにバトンを渡したのはこないだLoveMusicで田島さんと共演した眉村ちあきさん。自称"弾き語りトラックメーカーアイドル"眉村ちあきさんはいままで知らなかったけどかなり熱い人!Σ(゚Д゚)


そして田島さんが披露したのはリゾネーターギターでの「フィエスタ」!足元にも注目!田島さんは歌もギター(+α)もすごいのだ!!


続いて田島さんが繋いだのは怒髪天の増子直純さん。とりあえず見てほしい。


私より少し上のお兄ちゃん世代(=ROOTS66世代)の人たちもやっぱり志村けんさんが好きだったんだろな・・・(;_;)

てことで、この#うたつなぎ。受け手のこっち側としては得した気分というか、観てて楽しいけど、自分のとこに回ってこないなあ〜なんて落ち込むミュージシャンが出たりしなきゃいいなあ・・・なんて余計な心配をしてしまう私なのでした。


・・・と、そろそろお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが・・・そう、今年もこの季節がやってまいりましたね!(みなまで言わないでおこ(笑)ここ何年もこのパターンなので今年は趣向を変えたかったんだけど、こんな折なので結局これが一番かなと。そんなわけでまた近々更新します〜!\(^o^)/

posted by chocola at 23:10| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

お誕生日祝福ウイーク総括

さて、お送りしてまいりました、お誕生日勝手に祝福ウイーク。今日が田島さんのお誕生日当日。おめでとうございます!(≧▽≦)パチパチパチ!・・・ということでいろいろ総括などなど。

まずはいろんなところで称賛されているOriginal Loveのニューアルバム"bless You!"。いまごろになってOriginal Loveのアルバムがすごいってことに世間が気付きはじめるとは・・・時代がようやっと追い付いてきた感があるなあ。しかし、リリース後にいろんなメディアに取り上げられたり、プロモーションとかであちこち飛び回って大忙しの田島さんを見ていて、大変そうではあるけれど、本当に良かったなあ〜と思ったのでした(^^)

メディアといえば、4月27日にリットーミュージックが出版しているアコースティックギターマガジン(季刊誌)の表紙を田島さんが飾るそうです!特集にも取り上げられるそうで内容も楽しみ!価格高めの雑誌だなと思ったらCD付だそうで、なんのCDがついてくるんだろ(・・?)

(それにしてもあんよ長いな・・・!)

さてさて『bless You!』では、PUNPEEをフィーチャリングした「グッディガール」の反響がすごかったように思われます。渡辺香津美さんや長岡亮介さんがゲストで参加したことも話題を呼んだような。それにしても、いろんなジャンルを独自に組み合わせて、さらに一曲も似たような曲がない、という田島さんの音楽性の幅の広さ・奥の深さがたくさんの人の知るところになって本当に嬉しい(^^)私自身としても、想定よりもすんごいアルバムがやってきたのでめちゃビックリしましたΣ(゚Д゚)

何度も書いてる気がするけど、私は気に入ったアルバムを繰り返し繰り返し聴く"ばっかり聴き"派なので、そのメガリピートに耐えうるアルバムを作ってくれるミュージシャンが大好きです。おそらく何年後かにまた出るであろうOriginal Loveのアルバムも楽しみですけど、それまでは『bless You!』を聴きまくりますっ\(^o^)/田島さん、素敵なアルバムをありがとうございますー!

ということで今年も楽しいことに夢中になれる一年でありますように(^-^)♪

posted by chocola at 21:44| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。