2020年04月24日

まとめとして

毎年勝手に田島さんのお誕生日をお祝いして勝手に盛り上がるウィークも今日でおしまい。なぜなら今日が当日だから!(笑)お誕生日おめでとうございます!\(^o^)/

さて・・・うちの会社は3月が繁忙期。なので2月からそれなりに忙しくなりそうだということを前々から聞かされていました。昨年は入ったばっかりで何も任されなかったので、今年が初めての繁忙期。どれだけ大変なのか想像もつかないので、なるべく予定を入れずに仕事に専念しよう、弾き語りツアーは最終日だけ観に行くことにしよう、と決めていました。

なので私の場合はLove Jam以降、4月までもともとライブに行く予定はなかった。とはいえ・・・まさかこんな事態になろうとは夢にも思っていませんでした。皆、きっとそうだよね(^-^;

こういう事態になったのをうけ、田島さんは、とりわけ延期になってしまった2月末からの3公演に来る予定だった人たちに向けて、3月1日にインスタで無料のライブ配信をしました。それを皮切りに、その後だだだっといろんなところに出演したり、有料配信ライブを開催したり。もちろんこういうことにならないのが一番良かったけれど、これはこれでとても楽しんだ私でありました。

3月1日のインスタライブでは「好運なツアー」がやっぱり今の状況に沁みる歌だなあと思いました。当たり前の日常は当たり前じゃない、実はとっても好運なことなのだ。でも時にそれを私たちは忘れてしまう・・・そういう内容の歌です。好きな歌なので嬉しかったい!インスタライブの前にリハーサルもちょこっと配信していて、「遊びたがり」を弾いてたかな?運良く観れてそれも嬉しかったです。

また、4月11日にも本当にゲリラライブといった感じで突如前触れもなく、インスタライブをしていました。21時半過ぎくらいだったかな?私は『スッキリ』の録画をまた観ていて、他の録画したやつもこのまま続けて観ようか、どうしようかなとふとスマホの時計に目をやったら通知が来ていて慌てて観始めたのでありました。この時は、

1.Both Sides Now
2.四季と歌
3.bless You!

こんな曲順だったかと。「Both Sides Now」また聴けて嬉しかった!洋楽カバーもまた聴きたいなあ〜。この日はSLOW DAYSというフェスに出演予定だったので、楽しみにしてたファンのためにせめてちょっとだけでも、ということなのかなと思いました。田島さん、ライブやりたいだろうなあ・・・(ToT)

私が行ったライブは最初に述べたようにLove Jamが最後。つまりライブに行けなくなってすでに3ヶ月くらい経ちます。GWのビバラロックもすごく楽しみにしていたんだけど残念・・・。もちろん、いま開催されたところでまだ手放しで楽しめる環境ではないのも事実。でもやっぱり好きなミュージシャンと同じ場所で一緒に音楽を体感することが出来ないのがこんなに寂しいことだとは(;_;)

もともと私は十何年もの長きに渡ってライブに行ける環境じゃなかったし、趣味もたまにライブや映画館・展覧会に行く以外は家でひとりで音楽聴く、あるいは映画観る、あるいは本を読む、という超のつくインドア派なので(外食もほとんどしないし)、この環境は一般的な人よりはさほど苦ではないかもしれません。しかし、ライブに行けないのは痛い。本当に一刻も早い収束を祈るばかりです。

また元気に同じ場所にいられる日が来ますように・・・!心からそう願っています。皆様どうぞお気をつけて。私も気を付けます。笑顔でその瞬間を迎えられるその日まで、共にこの荒波を乗りきっていこうぜ!イェー!!(すいません、心根はロッカーなもので(笑)



posted by chocola at 00:08| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

2020年3月30日に思ったこと

今日会社に行って仕事をしていたら、PCでネットニュースを見た同じ島にいる人から志村けんさんの訃報を聞きました。お昼にツイッターを見てみたら案の定その話題がたくさん上がっていて。

感染症で人が亡くなるなんて、昔話だと思っていました。ましてや子供の頃からずっとテレビで見てきた人が・・・つい何週間か前にゴールデンで志村さんの番組がやっていたけれど、その時の姿を見て「調子悪いのかな?」とか「年とったなあ〜」とかそういう印象は一切無かった。相変わらずバカやってるなあ、元気だなあって。それなのにコロナごときで死ぬなんて認めたくない。

そうツイッターで呟こうかと思ったけれど、タイムラインを見るのが辛いのでこちらに書くことに。私は本に関わりがある会社で仕事をしてるんだけど、人の訃報があったりするとその人が出した書籍とかが売れたりするんですね。おそらく今回も例外ではないと思います。それを見るにつけ複雑な気持ちになってしまう。

生きてる間には話題にもしないのに、亡くなったとたんネタを見つけたとばかりに群がるツイッター民にも、亡くなってからその著書を読み始める人にも違和感を覚えてしまう。マイケル・ジャクソンが亡くなった時もそう思った。奇行ばかり取り上げてたくせに手の平を返してマイケルはすごかった、と言い出す人たちっていったいなんなんだろう?と。

でもね、もちろん亡くなった人を話題にするのは良いことだと思う。あなたが生きていたことを忘れないよ、というのは最大のはなむけだと思うから。だから、ツイッターで話題にするのは良いことだと思う。亡くなった人の書籍を読むのも良いことだと思う。頭では、そうわかっているんだけど・・・

とりあえず私はものすごくショックを受けているんだと思う。

posted by chocola at 23:35| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

今年を振り返ってみたり

冬至ということで今年を振り返ってみる。今日が冬至だとハタと気付いて「あっ!」と思いました。そうだった・・・!毎年冬至前の数週間は必ずと言っていいほど気持ちがものすごい下がるんだったorz今年のは結構ひどかったなあ〜。でも、闇が深ければ光も強くなるわけで、来年は良い年になりそうな予感♪←どこまでも前向き(笑)眉間にシワ寄せてないで笑っていこう。どうせ人生なんて冗談なんだし。

てことで今年の振り返りなど。今年一番の思い出はなんといってもフジロック!!自分の人生でまさかフジロックに行く日が来るとは本当に思ってもみませんでした。何しろスタンディングのライブに行くことさえ一生無いだろうと数年前までは思ってたわけですし(^^;

それにしてもフジロックのステージのライティングはめちゃくちゃカッコ良かったなあ〜。サーチライトが夜空をぐるぐると照らしているのも初めて見たし。いろんな意味で別世界。レインコートにトレッキングシューズがドレスコード、みたいな世界はフジロックくらいだよね(笑)

会場の場の空気も最高で、そんな中のオリジナル・ラブのライブはいつも以上にカッコ良かったし、たまたま通りかかったステージで佐野史郎さんが普通に歌っているのを見たときはビックリしたし(パンフには名前が載ってなかった!)。会場から会場への想像以上の遠さ&雨に打たれたのも良い思い出。たった一日だったけど、そして大変な一日だったけど(笑)、思いきって行って良かった。

そしてそして・・・なんといっても、帰って来てからフジロックの配信で観てどハマりしたキュアー!\(^o^)/まさかこの年になってこんなにどハマり出来るバンドにまた出会えるとは思ってもみなかった!!おおげさでもなんでもなく、キュアーの音楽を知らないまま死なずに本当に良かった。

キュアーの音楽は本当に美しくて、ファンタジックというかまるで夢の中にいるようだし、Shake Dog Shakeみたいなハードロックな曲さえ美しい。ロバート・スミスさんの美学みたいなのがどの曲にも貫かれている感じですごい。つい最近まで知らなかったくせにもう〜めっちゃくちゃ尊敬しています、はい。当分キュアーが日本に来てくれないなら、海外までライブ観に行きたい気分。

そう・・・死ぬまでにやりたいことって私にはいくつかあるんだけど、星空がきれいに見えるところで天の川を見たいっていうのとか、ロケット打ち上げを見たいっていうのとか。そして今年、キュアーのライブを生で観たい!っていうのもめでたくそれに追加されました(笑)

そうだ、そういう意味でいうと、フジロックは行ってみたいけど行くのは無理だと思ってた場所だったので、死ぬまでにやりたいことを一つやった、とも言えるような。昨年はポール・マッカートニーのライブに行ったけど、それもかつてあきらめていたことだったんだよね。だから壁をひとつずつ越えてきた、とも言えるなあ。何を大げさな、と思われるかもだけど、私には大きな一歩だったのです。

てことで来年もなにかひとつ壁を越えられるよう頑張りたい(主に自分のスキルアップ!)。これはちょっと無理しないと出来ないな、とか、ちょっと抵抗あるけどやってみたいなっていうことにチャレンジしたい。筋トレとかでよく言われることかと思うけど、ちょっと負荷をかけないとダメなんだよね。今年、転職によって一段登れたので、来年もまた一段登って、少しずつ枠を広げていけたいな、と思います。

posted by chocola at 16:48| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

プラチナ・シリーズ

休日、友達に誘われて江戸東京博物館に大浮世絵展を観に行ったときのこと(これに関してはまた他の時に書くけどこの展覧会も最高でした!)。体調いまいちだったけど、人と会う方が気が紛れて元気でるかも、と思い出掛けてきました。

で、展覧会を楽しんだ帰り、とある駅を歩いていると、たまたまあるイベントのポスターが構内に貼ってあって、友達は別の理由で、私は渡辺香津美さんが写っている、という理由で同じポスターに目がとまりました。

その場で香津美さんの話になり、「香津美さんてすごいよね!今年観に行ったんだよ!(≧▽≦)」と言うと、友達が「え?!こんなとこにまさか香津美さんを好きな人がいるとは」と私の発言にびっくりしている模様。そっか!そういえばNAGOYA JAZZ WEEKに行ったことは友達に話してなかった。

そもそも彼女はクラシック畑の人なので、私がふだん行ってるライブやフェスの話をしても多分訳わからないだろうなと思って、一切彼女の前で話してこなかったんだよね。一方彼女も私がまさか香津美さんのライブを観たことあるとは思ってもみなかったようで驚いたらしい。

そしたら、「このポスターのイベント、行きたいなら招待券もらえるからあげるよ!」って話になり・・・「えっ?!Σ( ̄□ ̄;)」(すごい勢いで彼女の方を見る私(笑)そ、それは当然行きたい・・・!香津美さんの凄テクニックまた見たいもん!!香津美さんはゲストだから2曲くらいしかやらないだろうって話でしたが、メインの方の演奏も聴いてみたいのでお言葉に甘えることに。

クラシック畑の彼女もやっぱり香津美さんは"神"と言ってたよ!どうやら彼女は香津美さんがギターでボレロを弾いたのを聴いたことあるらしいんだけど、それがすごいんだって!ギターでボレロ・・・!ほえ〜Σ(*゚Д゚*)いいなあ〜、聴いてみたい!

それにしても、たまたま乗り換え駅で友達とそのポスターを目にしなければ、私はこのイベントを知らないままで、彼女とこうやって香津美さんの話をすることもなかっただろうと思うと、とにかくそのポスターにめぐりあえた偶然がすごいなと思ったのでした。

てことで棚からぼた餅的な明日の鈴木大介さん&渡辺香津美さんのコンサート(プラチナ・シリーズ第4回)、楽しんでくるどー!\(^o^)/

posted by chocola at 21:28| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

良いお年を

こないだふと思い出したことがありました。

それは私が幼稚園か小学生低学年の頃。椅子に座るときか立ち上がるときだったか、「よっこいしょ」という掛け声をしたら、それを聞いていた友達に「なにそれ!普通そんなこと言わないよ?!(爆)」と笑われたことがありました。そう言われた私は、笑われたこともちょっとショックでしたが、それよりも普通じゃないと言われたことにとてもびっくりしました。だからこそいまも記憶に残ってるわけですが。

今思えば、その友達の驚きも無理はなく、彼女は多分おじいちゃんやおばあちゃんとふだんあまり関わることのない生活をしてたのだと思います。かくいう私はおじいちゃんと同居をしていました。親は共働きだったので、幼稚園に入るまでの何年間かは、平日のほとんどを自宅で仕事しているおじいちゃんと二人だけで過ごしていたのです。

おじいちゃんはおそらく「よっこいしょ」とか「どっこらしょ」とか、そんな風に掛け声を出して立ち上がったり座ったりしていたのではないかなあ。だからそれを見ていた私は、人はそういうときにそういう風に言うものらしい、と幼いながらにそう学んだのだと思います。私にとっておじいちゃんは外の世界の窓口であり、代表的存在でした。つまり、その人が使う言葉は私にとってのごく“普通”だったわけです。だから普通じゃないと言われて驚いたのだと思います。

なので、私の持ってる言語世界みたいなのはおそらく、現代の人が使う言葉からは少しズレているのかもしれないな…と年の瀬に思い至った次第…。大正生まれの人のボキャブラリーを色濃く受け継いでるわけなので(^-^;ということでそんな私ですが(どんなだ)、今年もこのブログに遊びに来てくださってありがとうございます。来年もよろしくお願い致しますm(__)m

風邪をひいてる方は早く良くなりますように!そうでない方は風邪などひきませんように。
どうぞ良い年をお迎えください(^^)♪

posted by chocola at 23:41| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。