2020年07月19日

平沢進さん&今敏さん

ちょっと前、今敏監督のアニメーション作品『パプリカ』を観ました。この作品はあの平沢進さんが音楽を担当しています。

私は平沢さんのことを昨年のフジロックまで全然存じ上げないと思っていましたが、『千年女優』というアニメーション映画は前に観たことがあって、この作品の音楽を平沢さんが手掛けていたことを知りました。私は知らずに平沢さんの音楽を聴いていたんだ、ということが後からわかったわけです。

何しろフジロックの中継を昨年見ていた時は、平沢さんを見て浦沢直樹さんの『20世紀少年』の"ともだち"っていう教祖を思い出したくらいで、全然音楽に関しては気づかなかったんですよねぇ〜、見た目のインパクトが凄過ぎて。『パプリカ』という作品もずうっと前から存在を知っていましたが、当然、曲を担当している人のことまでは知りませんでした。

そしたらこちらも平沢さんが音楽を担当してるとわかり、これは観てみなくちゃ・・・!という気持ちが湧いてきていたところ、最近加入したU-NEXTで観れるとわかりました。てことでラッキー!とばかり観てみましたが・・・この作品、夜寝る前に観ちゃいけないやつだった(^^;夜中に観ちゃって悪い夢見ました(笑)

YouTubeでこの作品の一部が観れるのであげてみます。これを観れば悪夢を見ても仕方ない、と思ってもらえるかとw


それと、昨年のフジロックの動画にもあげられている"夢みる機械"という平沢さんの曲。今敏監督はこの曲を元に作品を作ろうとされていたようです。しかし、残念ながら完成することなく今敏さんは若くして亡くなってしまいました・・・いったいどんな作品になったのか観たかったな。


しかし平沢さんがちょっとポーズ決めるだけですっごい歓声!まさに教祖(笑)それが面白くって何度も観ちゃう私なのでした。



posted by chocola at 23:58| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

最近U-NEXTで観た作品

最近U-NEXTで観た作品を覚え書き( ..)φ

1.ノーザン・ソウル
舞台は1970年代のイギリス。この前に『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』という1960年代のイギリスについての作品を観ていたので、じゃあ次は1970年代を観よう!という感じでチョイス。とはいえ前々から観たいとは思っていました。この作品はミニシアターでしか上映されなかったやつで、例によって劇場まで観に行けなかったのでした。

ノーザン・ソウルというのはどうやら音楽の何か、ということはわかっていたのですが、どういうことを指すのかはさっぱりわからず。私は読書って大事だと思ってるんだけど、こと音楽に関することを理解するには、それについて書かれてる本を読むだけではわからないことも多い気がします。やっぱり当時の映像(あるいは再現映像)が見れたり音楽が聴けたりする映画の方が理解しやすい。

で、こちらの作品、音楽が根底にはあるけどどちらかというと一人の男の子の成長物語、という感じで、そちらの描き方がとても良かった。冴えない男の子が人との出会いを通してどんどんカッコよくなっていくんですが、それを見ていて、男性っていうのは元々カッコいいわけでなくて、認められたり自信がついたりすることによってだんだんカッコよくなっていくものなのかもなあ〜と思いました。

そんなわけで音楽と友情と恋愛とが描かれた青春ムービー。ノーザン・ソウルという音楽ムーヴメントについてもよくわかります。おすすめの作品。

2.世界一美しい本を作る男
世界一美しい本を作ると言われているドイツの出版社・シュタイデル。その代表、シュタイデル氏に密着したドキュメンタリー。もうちょいその出版社での中の様子が描かれるのかと思いきや、顧客のニーズを肌で感じ取るために世界中を飛び回るシュタイデル氏を追って撮影された、全然じっとしてない作品でした。妥協せず、徹底的にこだわり抜いた(主にアートの)本を作る姿勢に脱帽。シュタイデル社の本が欲しくなります。

3.シーモアさんと、大人のための人生入門
50歳でプロのピアニストから退き、後の人生をピアノ講師として捧げてきたシーモア・バーンシュタインさんを追ったドキュメンタリー。彼をメンターとして仰ぐ俳優イーサン・ホークが監督した作品。イーサン・ホーク!私は『大いなる遺産』の印象が強い俳優さん。久しぶりに見たなあと思いました。

しかしシーモアさんの一言一言がとにかく深い!誰でもなんかしらのヒントをもらえるような、含蓄ある言葉の数々。やっぱり一つの道を究めた人の言葉はカッコいいな、と思いました。

4.ロスト・イン・パリ
3の後に『ディリリとパリの時間旅行』を観た私。それからすっかりフランス語の響きに魅了されてしまい、フランスの作品が観たくなってチョイス。どっちかっていうと演劇寄りなコメディ作品。ブラックな笑いもありつつ、でも何やってもフランスの景色と音楽の魔法にかかるとなんかオシャレに見えてくるのが不思議(笑)

5.ジュリーと恋と靴工場
こちらもフランスのミュージカル映画。前々から映画の存在は知ってたこともあり、さらにフランスの作品ということで選んでみた。正社員になれるなら職業はなんでもいいと、ひたすら就職活動をしてどうにかこうにか靴メーカーの工場に見習いとして入社した主人公。正社員として認めてもらうために日々奮闘するけれど、最後に彼女が選んだ人生の選択とは・・・?といったお話。

6.Viva!公務員
もともとコメディ好きではあるんだけど、このご時世、やっぱりシリアスなドラマはあんま観たくない感じ・・・てことでなんとなくこちらのイタリアのコメディ映画を選択。そしたらなんとまあ大当たりで、最近観たコメディの中ではダントツに面白かった!(≧▽≦)

タイトル通り主人公は公務員(・・・そう、たぶん主人公が"公務員"ってところがちっとも映画的じゃないな、と思ってこの作品が気になったのかも。だって公務員の人生とか映画で観せられたってつまんないし!(笑)。日本の公務員だったら辞めさせられることなんてないと思うんだけど、イタリアの公務員であるこの主人公はなんとリストラの対象になってしまいます。

で、どうしても彼を辞めさせたい上司と、どうしても公務員の座にしがみつきたい主人公とのせめぎ合いが始まる・・・!といったお話。しかしこの主人公のバイタリティがあれば、公務員じゃなくったって何やったって生きていけるから!!とツッコミながら観てました(笑)清々しいコメディで爽快な気分に♪おすすめの作品。

posted by chocola at 21:26| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

映画『ディリリとパリの時間旅行』

・・・という作品を観ました。アニメーションなのですが、実際パリで撮影された写真とアニメを合成しているので、街並は本物。なのでどこにも出かけられないこの時期、パリへ行った気分になれる素敵な作品でした(^^)しかも時代は現代でなく黄金時代のパリ(公式サイトはコチラ)。

サラ・ベルナール、ロートレック、ピカソ・・・といった当時の有名人もアニメーションになって登場。物語にがっつり絡んできます。なのでその時代が好きとか詳しい、という人はもっと楽しめるかも。この時代のパリをテーマにした映画といえば『ミッドナイト・イン・パリ』もそうですが、この時代はなんでも絵になるし華やかで映画の舞台にぴったりだなあと思います。


この映画の主人公はニューカレドニアで生まれた孤児のディリリ(フランス人との間に生まれたハーフ)。ニューカレドニアからパリに向かう船に一人こっそり乗り込んだという勇気ある&利発な少女。ですが、島では肌の色が明るいと言われ、パリに来てみたら肌の色が濃いと言われ、皆と同じが良かった、と悩んだりもします。

そんな少女が様々な人と出会っていろんな冒険を重ねていく・・・その姿に皆共感したり勇気づけられることと思います。

よく考えると、映画『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』を観てからフランスづいてる私。ハリウッドが資本の映画だとたとえフランスや他の国が舞台だとしても言語は英語だったりするんですが、この映画はフランス資本なのか全編フランス語。聴いているとその響きがとっても心地良いのです♪美しい話し言葉だなあ〜と思いました。

で、劇中歌でもエンディングでも使われている「Le Soleil et pluie」というフランス語の歌がめちゃ気に入ってYouTubeで観たりしています。それがこちら。


日本語に訳すとタイトルは「太陽と雨」と訳されるようです。歌はフランス語だけど、フランス語の歌詞を書いても私もよくわかんないので日本語の歌詞をば。

(歌詞)
太陽と雨 昼と夜
花と果実 彼と彼女、二人

僕と彼ら ここの人あそこの人
小麦色 白い肌
みんな一緒に


太陽と雨 昼と夜
花と果実 彼と彼女、二人

スルタンも お金のない人も
王様も 召使いも
魔女も 妖精も
みんな一緒に

posted by chocola at 01:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

最近観た映画

・・・と言ってもこのご時世、映画館には観に行けないし、レンタル屋にも借りに行けないので、U-NEXTに入会。そこで観たのと、BS等で観た作品をざざっと覚え書き(※完全に自分が観て感じたことを書き留めておこう、というメモです)。

1.ローズと秘密の頁
舞台は1930年代のアイルランド。かなり非人道的な行為もされていた時代なんだなと思った。今の時代はネットでの監視社会だけれど、この時代は実質的な監視社会というか。この時代のアイルランドに比べれば今の日本はマシなのか、どうなのか・・・なぜ人は人のことを監視しようとしたがるんだろう、なんてことを考えました。

2.街の灯
これはBSシネマで観ました。オープニングのシーンにすごく見覚えがあった。ところどころ覚えてるシーンもあったけれど、お話の内容はほとんど覚えてなかった。チャップリンの作品をよく観ていたのはおそらく十代〜ハタチごろ。だいぶ昔のことだから覚えてなくても仕方ないかも。チャップリンの動きを見ていて、志村けんさんはチャップリンから相当影響を受けたんだろうな、と思った。

3.エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜
以前からずっとこの作品を観たいと思ってました。主演はマリオン・コティヤールさんっていう好きな女優さんだし。でもなかなかきっかけがなく・・・そしたら萩原健太さんのラジオ番組で加藤登紀子さんによる「愛の讃歌」が流れたんですね。それで、この作品を思い出した。で、調べたらU-NEXTでこの映画が配信されてるのを知りました。

私はエディット・ピアフさんの名前は知っていても歌もちゃんと聴いたことがないように思うし、どんな人かも全然知らなかったけど、ドキュメンタリー作品っていうの?史実を元にして作られた作品に最近は興味があって、この作品もすごく面白かった。劇中で「水に流して」ていうピアフの歌が流れるんだけど、この歌は映画『インセプション』で使われてた曲で「おぉ!あれはピアフの歌だったんだ・・・!」と思いました。

4.ドライヴ
『ラ・ラ・ランド』『ブレードランナー2049』等でおなじみライアン・ゴズリングの主演作品(2011年公開)。とにかく全編ライアン・ゴズリングのプロモーションビデオかと思うくらいライアン・ゴズリングがカッコよく映し出されている作品。内容は・・・まあおいておこう(笑)

5.ファンタスティック・プラネット
1973年制作のアニメ映画(フランス・チェコスロバキアの合作)。おそらくこの作品の絵はどこかで目にしたことがある人も多いのでは。とにかく独創性がすごい!おそらくいろんな人に影響を及ぼし続けているであろう作品。一度は観るべし!

6.マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!
俳優のマイケル・ケインが案内役として、激動の1960年代のロンドンに何が起こっていたのか?実際の映像をふんだんに取り入れて作られたドキュメンタリー作品。ポール・マッカトニーやストーンズ、ツイッギー等々、音楽・ファッション・アートといった当時の文化を知ることが出来ます。イギリスの階級社会についても知ることが出来ました。

7.写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと
こちらもドキュメンタリー。晩年のソール・ライターの自宅での様子などをおさめた記録映画。ソール・ライターが語った言葉を覚え書き。

「人生は・・・本当の世界は隠れたものとつながっている。(でも)人は公になっているものが世界の真相だと信じたがる。」
「肝心なのは何を手に入れるかじゃなくて何を捨てるかなんだ。」
「互いに大切に思える誰かと(一緒に)いる方が成功より大事だった。」
「(世の中の人が抱えている)大半の心配事は心配事に値しない。」
「(私は)美の追求というものを信じている。世の中の美しいものに喜びを感じる気持ちを・・・それに言い訳なんて要らない。」
「幸福は人生の要じゃない。大切なのはもっと他の何かだ。」

ちなみにこの作品の日本語字幕は柴田元幸さんでした。

年齢のせいなのか映画をたくさん観過ぎてきたせいなのか、最近はドキュメンタリー、あるいは史実を元につくられた作品のが面白いなあと思います。
posted by chocola at 01:12| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

『ジュディ 虹の彼方に』感想(微妙にネタバレ有)

今回はネタバレしないと感想を書けない感じなので、ネタバレありきで書きます。観に行く予定の人は読まないでね。でも観るつもりがないならぜひ読んで(笑)


この映画の予告を見たのは『ナイブズ・アウト』だったと思う。映画の存在自体はもうちょっと前から知っていたような?けど、予告を見て初めて「あ、これ観に行こうかな!」と思いました。いままでたくさんの映画と予告編を見てきたおかげで、これは(自分にとって)アタリの映画っぽいなっていうのは予告でなんとなくわかるようになってきました。

ところで、この時期に他人と接触する可能性のある映画館にわざわざ足を運ぶ、という行為はおすすめしません。その辺は自己責任で・・・!私は感染症にかかるリスクっていうのは急に今始まったことじゃないと思っているし、ちゃんとした予防さえしていれば恐れることではないと思っています。でも心からそう思えない人はやめといた方がいいと思います。

てことで『ジュディ 虹の彼方に』。2時間くらいの作品なんだけど、その長さを感じさせない映画でした。そしてなんてったって主演のレニー・ゼルウィガーがやっぱりすんばらしかった!ジュディ・ガーランドについてはほとんど知らなかったけど、ちょっとショックだったなあ〜。『オズの魔法使い』の頃、17歳だったジュディは今だったら完全に虐待と言ってもいい扱いを受けていたんだなと。

調べてみたら、10代の頃からダイエットのためにと称してクスリ漬けにさせられていたようで(それも実母に)。娘をショービジネスに売ったも同然だったよう。そのことを知ってマイケル・ジャクソンのことを思い出しました。彼もまた子供の頃からショービジネスの世界に否応なく身を置かされ、遊ぶ時間もなく父親に厳しく育てられたんですよね。

やっぱり子供時代に自由に遊べる時間もなく育った人っていうのはなんかしら問題を抱えてしまうんだろうな、と思う。なんの制限もなく自由に過ごす時間っていうのは子供に絶対的に必要なものなんじゃないのかな。だけどもちろん同時に、たとえばピアニストになるためには、幼少のころからの練習にかけた時間が左右することも確かでもあり・・・その辺は悩ましい。

そこに少しでも自分の意思があれば良いけれど、ジュディは自分で選択することも出来なかったんじゃないのかな。敷かれたレールを否応なく進まされ、彼女は舞台の上でしか生きる術がなかったのだと思う。とってもしんどい人生だったのでは・・・。こんな壮絶な人生を送った人がいたんだ、と知ってびっくり。

この作品ではそんなジュディが亡くなる前に行われたロンドンでの公演や私生活の様子が描かれています。公演前の姿はもう本当にダメダメで、こんなんで舞台に上がれるの?!と思うんだけど、どっこい舞台で歌い始めたら急に何かが降りてきた感じになり、ものすんごい迫力!圧倒されました。ジュディは舞台でこんな感じの人だったのか・・・!と知れたのと同時に、レニーの役への入り込み方が本当に凄まじいな、と思いました。

何回かステージ上での歌のシーンがあったけど(そんなに多くはない)、その度に涙がダーッと出てきて画面がもうよく見えなかった(;_;)舞台以外では私生活も精神もボロボロな様子なんだけど、舞台に出たらそんなのを感じさせないくらい全身全霊でパフォーマンスをして・・・とにかくその落差がすごい。その明暗の描き方がメリハリきいてて映画として良かった。しかしあの様子では生きることが本当にしんどかっただろうな、と思った。

スポットライトの中でしか人に愛されない・・・そう感じつつ短い生涯を駆け抜けたジュディ。彼女のことをこの映画を通して知ることが出来て良かったし、ラストにも感動しました。いやー、映画ってほんっとに素晴らしいな・・・!今年一番泣いてしまった(ToT)誰かも言ってたけど今年前半は本当に素晴らしい作品ばっかり!2020年は映画の当たり年かも。

posted by chocola at 20:05| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。