2020年07月18日

勝手にしやがれ配信ライブ

こないだ開催された勝手にしやがれの配信ライブを観ました。リアルタイムでなくアーカイブになってから見ました。

勝手にしやがれの存在を知ったのは3年くらい前。フジテレビNEXTでアラバキの放送を観た時でした。それからたまにYouTubeでMVを観たりアルバムを聴いたりしてましたが、ライブを観たのは昨年のフジロックが初めてでした。

勝手にしやがれの音楽は独特の雰囲気があって面白いんですよね。他の何に似てるかっていうと、私の知っている中ではムットーニ(そういえばこれまた武藤さんですけど)の世界観とちょっと近いかな、と。ドラムの上に人形が置いてあるというのもあるかもだけど(笑)

フジロックで観た時は遠目だったのであんまりわからなかったけど、今回観ていて、キーボードの人がすごいな!と思いました。最後の曲では武藤さんの呼吸に完全に合わせて演奏してました。勝手は活動23年目だそうで、長年の阿吽の呼吸みたいのがあるんだろうなあ〜などと思ってみたり。

セットリスト
1.哀しみのクラウン
2.オーヴェール・ブルー
3.ロミオ
4.オール・ザ・マッドメン・ブルーズ
5.ブラック・マリヤ
6.ザ・ムーンレイカー
7.ラグタイム
8.スウィート・バルカン・ビート
9.祈りのオリオン
10.罠のような午後
11.夢をあきらめないで
12.スレイヴ
13.フィラメント
14.エル・ソル
15.アイ・ラヴ・ユー・アゲイン

私は最新アルバム『ア・デイ・カムズ』と10,11あたりの曲はYouTubeで知ってましたが、半分くらいは知らない曲でした。世の中にはあまりよく知らない歌では盛り上がれないっていう人もいると思います。と、ここで私はちょっと考えてみました。

私は人に対してはものすごい人見知りをします。慣れるまですごく時間がかかります。どっちかっていうと初対面の人とはあんまり話をしたくありません。だけど、ことこれが音楽や美術や本や・・・そういう文化に対しては初めての作品ウェルカム!な人間です。

知らない曲を知りたいし、知らない絵を見たいし、知らない話を読みたい。文化に関してはかなりオープンマインドです。だからジャンルもあんまり問わないし。で、何が言いたいかというと、私とは逆に生身の人間に対しては人見知りをしない人でも、新しい文化に対してはものすごく人見知りするタイプの人もいるんだろうと思うんですね。

おそらくそういう人はよく知ってるバンドのワンマンにしかライブに行かないとか、テレビでもよく流れてくる音楽をやる人なら聴くとか、そういう縛りをすると思います。それは個性の問題なんだと思う。人に対して社交的な人と、文化に対して社交的な人と・・・どっちがいいということではなく。

と、話がずれましたが3曲目の演奏は難しそうだったなあ。6曲目は新曲。面白いのが8曲目のスウィート・バルカン・ビート。「かえるの歌が〜聴こえてくるよ♪」っていう童謡があるけど、その「かえるの歌が〜♪」の部分をひたすらリフレインしてどんどん盛り上げていく、という曲。ホーン隊の見せ場もあり、生で観たらさぞ盛り上がっただろうなあ〜。

てことで勝手の配信ライブはライブハウスの客席部分まで使って、配信だからこそ出来る感じの見せ方をしていて良かったです。しかしやっぱり配信ではなく皆さん(お客さん)の前でライブをやりたい!とROOTS66のメンバーでもある福島忍さんもMCで言ってました。観客も同じ気持ち。どうか早く普通にライブが出来る世の中になりますように・・・!



posted by chocola at 00:27| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

蓮沼執太&ユザーン スパイラル・セッション

6月20日に配信された蓮沼執太さんとユザーンさんのライブを観ました。

実は3月に太田市美術館・図書館という場所でお二人のライブが開催されるのを仕事がらみで知った私。太田市美術館・図書館には行ってみたいと思っていたので、二人のライブを観るっていう目的で行ってみようかなあとちらっと思っていました。しかし何しろこの状況だし、遠出はムリだろうと早々に諦めざるを得ませんでした(ライブ自体も開催されなかったと思う)。

昨年、あいちトリエンナーレでユザーンさんのタブラ修行の様子を見てから、ちゃんとタブラと音楽が合わさって演奏されるのを聴きたいなあ〜とずっと思っていて、蓮沼さんのこともまた、唯一無二感がある人だなあ〜と思ってました。なのでどちらももっとちゃんと聴いてみたかった二人の演奏をいっぺんに聴けるという、わたし的にはラッキーな配信ライブとなりました(^^)

さて、まずはユザーンさん。タブラの音ってなんとなく"通りがいい"というか、聴いてるだけでも心地良いんですが、そういう癒しの感じだけでなく、高速でタブラを叩いたときなどめちゃ迫力!緊張感もありました!ユザーンさんはどうしてもカレーのイメージやSNSでの面白いイメージが先行しがちですが、実際演奏観てすごさがよくわかりました。

蓮沼さんは音の鳴る楽器をたくさん持ってきていてそれを鳴らしたり、ボールにいれた水をパチャパチャと手で揺らして音を出したりと実験的な試みをしつつ、基本はキーボード弾いたり、あとはつまみがいっぱいついてて、それを回すとギュイーンって音の出るメカニックなやつ(?)を操作しながら演奏していました。

はたしてタブラの太古からあるような音と、現代的な音とが合わさっていったいどんな音楽になるのかな?と思ったけれど、聴いていてめっちゃ潤う感じがしました。澄んだ水に頭から全身浸ってるような感じがする、というか。

印象的だったのは5曲目。それ以外の曲では蓮沼さんがメロディを奏でてユザーンさんがリズムを叩く、という感じなんだけど、蓮沼さんがタブラのために作ったこの曲ではユザーンさんがタブラでメロディを、蓮沼さんがさまざまな楽器を使ってリズム隊みたいなことをしていました。タブラにも音階があるんだ!Σ( ゚Д゚)とビックリ。この曲の前ではユザーンさんが念入りにタブラを調律してました。

三曲くらい歌のある演奏をしましたが(あとはインスト)、最後に歌った「ベーグル」の歌詞が面白かったなあ(笑)調べたらどうやらユザーンさんが作詞したもののようです。しかし心地よさ半端ない二人のセッション、機会があれば今度はまた生で観てみたい!(≧▽≦)と思いました。

セットリスト
1.I like peshkar
2.let's_la
3.Radio S
4.Dryer
5.Music for Five Tablas
6.新曲
7.テレポート
8.ベーグル


posted by chocola at 22:40| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

田島と木暮でOriginal Love!!配信ライブ

よもやこんな時代がやって来るとは想像もつきませんでしたが、オリジナル・ラブの夏のツアーが中止になり、その代替公演として6月6日に『Original Love Minimum Set 田島と木暮でOriginal Love!!』という有料配信ライブが開催されました。特別ゲストとしてリキッドライトショーを手掛ける大箱屋さんが参加し、画面をおおいに楽しませてくれました。

今回は田島さんがアコースティックギター&ループマシン&フットストンプ&フットタンバリン、木暮さんがエレキギターというバンドサウンドを出しつつのミニマムセット。田島さんは革ジャン着ててカッコいい!(≧∇≦)LoveJamぶりに拝見した木暮さんは髪の毛をおろして横分けにしていたのが新鮮!

まずはROVERからの〜ブロンコ、という曲目。曲も気になりますが、初めて見るリキッドライトショーにも興味津々!カラフルな色合いで不思議な模様を作りだしていきます。最初に見たときは何がなんだかわかりませんでしたが、よくよく見てみれば絵の具を落としてるようなのが見えて、「え?!これその場でやってるの?!Σ(゚Д゚)」と驚きました。

3曲目はミリオン・シークレッツ・オブ・ジャズ。照明は地球の大地と海みたいな模様を写しだしていますが、曲に合わせて生き物のように拍動させたりと動きも面白い!さらに田島さんのギターも木暮さんのギターソロもすごい!田島さんはよくあのフレーズを弾きながら歌えるなあ〜と、あっちもこっちも気になる私でありました。

1曲終わるたびに画面のこちら側で拍手をしたりしてキャッキャ♪と一人楽しく盛り上がっていた私ですが、3曲目が始まったとたん「うそー!Σ(゚Д゚)」とビックリしました。なぜなら曲がSTARSだったからです・・・!聴いていたら胸が絞めつけられるような感じになり、思わず涙がポタポタ(;_;)アーカイブを何回か観たけど、その都度この曲では涙、涙・・・

この歌はドラマのエンディングでも使われましたが、その頃どこかの歌番組でオリジナル・ラブが出演してこの歌を披露したのを見ていた私。そこでは髪の毛長めの田島さんがにこりともせず歌っていて。あれれ?どうしたんだろう・・・と心配になるくらい表情が暗かったんですよね。その時の印象が強く残っていて・・・なので今回木暮さんと顔を見合わせながら楽しそうに歌っている田島さんを見て、笑顔が見れて本当に良かったなあ〜!と思いました。

5曲目はHum a Tune。レインボーでぐるぐるうずまきな照明が良かった!木暮さんの印象的なイントロからの〜木暮さんを見ながら歌う田島さんからの〜終わったあと思わず顔見合わせて笑う二人!も良かった。6曲目は接吻。照明は赤&オレンジ。木暮さんのギターソロの、空間に音が響いてる感じが雰囲気あって良かったなあ。続いてはグッディガール。これまた終わったあと笑い合っていたお二人でした(^^)

8曲目はゼロセット。間奏の田島さんのギターがすごかったい!この曲では田島さんを見ながらギターを弾く木暮さんが印象的でした。そして続くbless You!はいろいろすごかった・・・!まずは照明。ゼロセットでのカラフルな色の照明をそのままぐるぐると混ぜてマーブル模様にして色が出来上がっていくんですけど、それが下の写真(ホントはスクショとかダメだったっぽいのでこっそり(^^;)。

スクリーンショット (77).png

めちゃくちゃきれい!リキッドライトショーって全然知らなかったけど楽しかった!!耳でも目でも楽しい配信だったなあ♪ラストは二人でギターバトルっぽく!(そういえば二人で巌流島の決闘的な写真あげてたっけな)なんかのタイミングで田島さんがギターをちょっと傾けて木暮さんに合図をしたように見えました。

この曲を手を叩きながら聴いていた私ですが、いろいろすごかったのでこれがラストの曲かも?!と思いました。どっこいまだまだ終わりじゃなかった!本編ラストはLOVE SONG。この曲はラストを飾るのにふさわしい大型(?)の曲だなあ〜といつも思います。曲終わりには「次はちゃんとしたライブ会場でやりたい。皆さんそれまでどうかお元気で」と言ってくれた田島さんでありました。

さてさて、いよいよこれで終わりかと思いきや・・・配信だけどやっぱりアンコールもあった!曲はもちろんあの曲!!ああ、本当だったら会場で観れるはずだったのになあ〜(;_;)残念。そしてライブをやりたかっただろうな・・・。でも田島さんは何があってもタダでは起きないというか、マイナスもプラスに変えられる人だと思っていて。今回の配信でもすごくそういうのを感じました。

それと、こういう感じの音楽にしようとすればいくらでもアレンジ出来てしまうとこ、本当にすごいなあ〜と思います。木暮さんと二人だけだとブリティッシュ感満載になる感じ(個人のイメージですが(^^;)一つのバンドなのにここまでいろんなテイストに変えられるって、そうそうないんじゃないかなあ?

田島さんのライブに行けるようになって何年か経つけど、都度そのプロフェッショナルぶりに驚かされるのでありました。そろそろ『プロフェッショナル仕事の流儀』に呼ばれてもいいんじゃないか?と思う今日この頃(番組観てないけど(笑)。それにしてもとにかく一刻も早く、やる側も観る側も前のようにライブを楽しめる日が来ますように・・・!

posted by chocola at 01:05| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

フジロック延期

本日、フジロックの来年への延期のニュースを知りました。フジロックは海外からミュージシャンたちにたくさん来てもらうフェスなので、国内だけのイベントよりも開催への難易度は高い気はします。でも日本一の音楽フェスとして、開催して周りを勇気づけたかっただろうな、開催する方向でギリギリまでいろいろ詰めていたんだろうな・・・と思います。

てことで今回は本当は明日のオリジナル・ラブ(ミニマム!)夏のツアー代替公演配信ライブの前に、5月いっぱいやってくれた田島さんの弾き語り無料配信ライブ・ベランダ音楽会のvol.4&最終回のことを書きとめておこうと思ってたんですけど、それはまた次の機会にってことで(今週からまた通常の勤務が始まって日々クタクタなのです(T_T)。

まずは明日の配信ライブ(21:00開始〜)の前に、お二人がリハーサルでの音源をアップしてくれたのでそちらを。


照明もサイケとは!どんななんだろう?めちゃ楽しみー!!(≧∇≦)♪オリジナル・ラブとしてはLoveJam以来だなあ〜。あの時が遠い昔のように思える・・・まさかこんな状況になるなんて。しかし昔の私のようにライブに行きたくても行けない人たちは日本中にいるはずで、その人たちにとっては配信ライブが増えたことってすごく嬉しいだろうな〜と思います。

てことで今から配信ライブが楽しみな私ですが、本当に仕事がめちゃたまっていてさ・・・!(>_<)なにしろ先月は交代勤務で、いつもいくはずの半分しか出社してなくて、でも残業も出来ないものだから後回しにしてた仕事がダダッと押し寄せてきてもう大変。なのでこの一週間はほんとしんどかったけど、土曜日にお楽しみがある、と思って頑張りました♪

で、冒頭でフジロックについて触れたけれど、今回の延期のことを受けてか、田島さんがフジロックの舞台に出る前の舞台裏の映像を公開したのでびっくり!多分記録のために撮っといただけだったんじゃないのかなと思うんだけど、めちゃ貴重映像なのです。その映像を紹介したツイートも埋め込んでみました。


FUJIROCK!イェー!!\(^o^)/来年はまた行けたらいいな・・・!!

posted by chocola at 00:52| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

ベランダ音楽会vol.3&"森、道、市場2020"配信ライブ

いまだ緊急事態宣言が出されたままの一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)。ということで相変わらず交代勤務中の私です。さて、5/9午後4時〜田島さんのベランダ音楽会vol.3がYouTubeで配信されました。

今回は三曲アコースティックギターでの演奏でしたが、そのおかげで私はあることに気づくことが出来ました・・・!リアルタイムでなく、何回目かにアーカイブを観ていた時でした。

以前から田島さんはジャカジャカとストロークをしつつもメロディも弾く、という荒業を間奏でやってのけているのをわかってはいましたが、今回よく聴いていると、歌いながら伴奏も弾きつつ、歌と同じ旋律をギターで弾いてる箇所があるじゃありませんか・・・!!

そのことに気付いたのは1曲目の「髑髏」でしたが、次の「99粒の涙」ではサビの部分を、最後の「サーディンの缶詰め」ではAメロの部分の旋律をギターでも弾いてる・・・!で、それをそのまま間奏のメロディにつなげたりしてるんですね。初めて気づいてびっくり仰天。しばし「えーっ!」て言いながら観てました。

なぜ今まで気づかなかったのか少々ショックでしたが、よく考えれば気付かなくて無理もなかったかも?なぜならライブで観ているときは歌っていれば歌の方に気をとられるし、間奏であれば間奏に気をとられるのは当たり前で、だからおそらく今まで気づかなかったんだろうなあと。

こうして配信ライブが行われたことで、さらにアーカイブを残してくれたことで、落ち着いて耳をすまして聴くことが出来た。だから気付けたんだと思う。しかしどうやってジャカジャカ弾くのとメロディ弾くのを両立しているのか・・・わかったところでやっぱり謎は深まるばかりなのでした(^-^;

また、今回のベランダ音楽会では最後の「サーディンの缶詰め」がヤバいほどカッコ良かった!この曲は5/16に開催された"森、道、市場"というフェスの配信ライブでも披露してくれましたが、この曲が終わったときのコメント欄はかなり盛り上がってました(画面のコメント邪魔だな、と最初思ったんだけど、結局コメントを見たり・コメントしたり、画面からコメント欄そのものを消したりいろいろしながら観てた私でした)。

こちらの配信ライブでは田島さんが自分で音を録音するセッティングをするのになんと4時間(!)かかったそうで、確かにYouTubeの配信よりも音が良かった!しかし配信ってやっぱ勝手が全然違うだろうなあ〜。お客さんの反応が見えてこそのライブだろうと思うのに、PCの向こうにお客さんがいると言ってもそれを実感するのはなかなか難しそう。

だからか、ついついひとり言的な本音が出てしまうところも配信の面白さでもあるような。「早くライブやりたいなー!」とか「コロナいい加減にしろ!ヽ(`Д´)ノ」とか「爆裂にライブやりたい」とか・・・思えばすでに3月に『スッキリ』に出演した時、若さの秘訣は?と聞かれて「ライブですね」と答えていた田島さん。どれもやはりライブやりたい、という強い気持ちから出てきた言葉なのかなあ〜、と。

私の場合、ライブを観る側として、ライブハウスが音楽や熱気で一体化するような感じになるのを体感出来るようになったのはホントにここ最近の話で、10〜20代の時はコンサートに行ってもミュージシャンと同じ場所にいるのが嬉しい、という感じで、ライブそのものを楽しむ、というところまでは至ってなかったように思います。

どちらかというと音楽に関してはアルバム聴いて空想に耽ったり、世界観に浸ったりという精神的な(?)楽しみ方をしていた私でして(多分ピアノを習っていたせいもあるかと思うんですけど)、フィジカルなものとして音楽を楽しむ、というのは田島さんのライブに行くまで知らなかったんですよね。田島さんにその面白さを教わった、というか・・・

なのでライブが出来ないこの環境は田島さんにとって相当ストレスがたまるだろうな、と想像するのでした。同様に他のミュージシャンの方たちもやはり皆さまざまにジレンマを抱えているだろうなあ。

私自身も、事務職とはいえ会社で経費を抑えるために残業しちゃだめ、と言われたり、交代勤務でお給料減ったりとコロナの影響はもちろんゼロではありません。しかしライブをやる側も観る側もまた皆でライブを楽しめる時がくるまで、ここはなんとか踏んばって乗りきっていけたらな、と・・・いや、乗りきるぞ!(・д・)ノオー!!

(森、道、市場のセットリスト)
1.ローラー・ブレイド・レース
2.99粒の涙
3.接吻
4.サーディンの缶詰め
5.フリーライド

posted by chocola at 15:59| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。