2020年07月01日

クラシック日和

6月半ばごろだったか、6月12日に放送されたEテレの『ららら♪クラシック』と6月13日に放送された『題名のない音楽会』を立て続けに観ました。『ららら♪〜』の方は、昨年12月に行った鈴木大介さんと渡辺香津美さんのコンサートで演奏された武満徹さんの作品を取り上げるということで、また、『題名の〜』の方はユザーンさんが出るということで録画しといたのでした。

で、まずは『ららら♪〜』の方。今回は武満徹さんの"歌"というくくりで特集されていて、武満さんが作詞作曲した合唱曲や、親交が深かったという谷川俊太郎さんが作詞して武満さんが作曲した合唱曲などが披露されました。世界のタケミツと称された武満さんだそうですが、番組では音楽を志すキッカケになった出来事について取り上げられて、私はそれを見て思わず涙したのでした(;_;)

武満さんは1930年生まれで、子供の頃は戦争まっただ中。疎開先の埼玉でいざアメリカと日本で対峙した時のためにと農業などの作業をやらされる日々を過ごしていたようです。そんな中、敗戦の何か月か前だったそうですが、その場を指揮していた人かな?「お前たちに面白いものを聴かせてやる」と言って、シャンソンを一曲レコードで聴かせてくれたことがあったそう。

敵国の歌を聴かせるなんて粋なことをする大人がいたものだとも思うけど、もうその頃には敗戦に勘づいていたのかもなあ〜。ともかく、そのシャンソンを聴いた武満さんは非常に感動したそうで、その時に自分は将来音楽家になるのだ、と決めたんだそうです。そして独学で音楽を学び、数々の美しい曲を世に残すことになるのでした。

で、その音楽を志すきっかけとなった出来事を、武満さんご本人がご自身の娘に説明していたんですけど、それを見ていたら本当にその時にすごく感動を受けたんだなっていうのがものすごーく伝わってきました。そうやって音楽を聴いて受けた感動を今度は自分が人に与えたい、という気持ちが強い方だったんだろうなあと思います。

番組ではさらに、ビートルズが好きだった武満さんがギターのソロ用に編曲した「イエスタデイ」を鈴木大介さんが演奏したりしました。武満さんは、クラシックに限らず、いろんな垣根を越えて音楽を愛した人だったんだなあと思いました。

続いては『題名のない音楽会』。今をときめく6名の一流ミュージシャンたちが意外な組み合わせでコラボをする、という企画。一組目はチェンバロとマリンバという組み合わせ。そこで2曲演奏してくれたんですけど、その2曲目がプログレッシブロックの名曲と紹介されて「え?」と思いました。それがこちら。




『タルカス』というアルバムから「噴火」。プログレがなにかよくわかってない私は番組を観たあとYouTubeで検索。なるほど、こういうのがプログレなのか・・・!と思ったんだけど、やっぱりよくわからないのでした(笑)

ユザーンさんは尺八奏者の藤原道山さんとバッハの「管弦楽組曲 第2番」を披露。尺八とタブラっていう日印コラボなのに、聴いていたら欧風な旅楽団が路上で演奏しているようなイメージがポン!と浮かびました。なぜだろう・・・音楽は奥が深い!

ってことで、そんなユザーンさんがこないだ蓮沼執太さんと配信ライブを行ったのですが、次回はその模様について書きます!



posted by chocola at 22:52| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

【YouTube】モグラネグラ&WOOD

4月半ば〜5月の緊急事態宣言下の間、交代勤務で出勤していた私は時間があったので今まで観たくても観れなかった映画を配信で観たり、田島さんの昔の番組をYouTubeで観たりしてました。これってまとまった時間が取れないとなかなか出来ないことで、あの期間はあの期間でなかなか良かったな、と思い返してみたり。

で、なぜ昔の番組(モグラネグラ)をこのタイミングで観ることになったかというと、YouTubeを立ち上げたときにあなたへのおすすめとしてよくあがってきていたのです。気になってはいたけど、時間の取れる時に観ようと思ってました。やっぱり昔の田島さんより"なう"な田島さんが好きなので、動画でも最近のものを観る方が圧倒的に多い。

"なう"な田島さんをその時代その時代見てきた私としては、いつも現在の田島さんが好きなわけですね、はい。しかーし!今回、YouTubeにあがってるモグラネグラを全部観て、本当に良かったな!と思いました。なぜかというと初期のオリジナル・ラブの『EYES』はイケイケな感じのアルバムだなと思ってたんだけど、なるほど、このメンバーたちだからか!と納得できたから。

なんていうか若さゆえの方向性が出たアルバムなんだなあ〜と。木原龍太郎さんはかなりロマンチックな歌詞を書く人だからどんな人だろうと思ってたけど、番組に出てるのを見たらかなり面白い人で、木原さんが書いた歌詞に親しみ持てるようになった(笑)また、ドラムの宮田さんがいることでバンドがキュッと締まった感じになるんだろうな、とか。

初期のアルバムは今までなんとなくつかみどころがなかったんだけれど、だいぶアルバムとの距離が縮まりました。さらに昨年だったかな?『SESSIONS』というミックスアルバムを買って聴いたんだけど、ここに出てくる名前のU.F.O.とは?と思ってました。それもこれまたモグラネグラを見て繋がりました。一緒に番組に出ていたDJの方がU.F.O.のメンバーだったからなんですね。

おそらく、フジロックで一曲目に放った「MILLION SECRETS OF JAZZ」はこのアルバムバージョンのものだったわけで、私はモグラネグラの動画を観ながら、ああ、この地点とフジロックのあの地点とは繋がってるんだな・・・!(当たり前だけど)とわかって、なんかとっても感激したわけなのでした。

そしてさらに、このモグラネグラを観続けていたら今度はまたおすすめに"WOOD"という動画が出てくるように。ハテ、"WOOD"とは?と思いながら時間のあった私はこれまた観てみることにしたのでした。そしたらビックリ仰天!!おそらく、1993年に放送されたテレビ番組なんですけど、ジャグバンドスタイルでダン・ヒックスさんやエルヴィス・プレスリーの歌なんかを田島さんが歌い上げるというすんばらしい番組で。

当時田島さんは27歳くらい?当時から田島さんはやっぱりハンパなかった、ということが再認識できたっていうのもあるし、93年にはフジテレビもまだこんなに良質な音楽番組を放送してたの?!っていう驚きもありました。当時のCMもそのまま映ったりするので懐かしい!(ムツゴロウさんとか銀座じゅわいよくちゅーるマキとか!)。

生演奏の音楽もめちゃカッコよくって最高!リゾネーターを横にして弾いてたり、マンドリンやバンジョーなんかの音も良き!貴重な動画なんでブルーレイに焼いときたいぐらいなのであります(ブルーレイ持ってないけど!(笑)てことでこちらにあげてみた。必見(必聴)です!


posted by chocola at 22:53| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

テレビ出演まとめ

コロナがいよいよやばい、となってから、田島さんのテレビへの出演が続いたりしてそれもまた嬉しかったのですがその辺をまとめてみます!

まずはなんといっても数々の有名な海外アーティストも生で出演してきた朝の情報番組『スッキリ』への出演!(3月24日)。出演を知った時は「ひえー!マジか!」って感じでした(笑)いろいろ理由つけてその生放送を観てから会社に行った私。すでにテレワークが始まっていた友達や、スカパラファンの友達と朝からLINEで盛り上がりました!

スカパラは今年30周年。その記念アルバムの告知もあっての出演かと思われます。で、まずスカパラのパフォーマンスから始まったわけですが、それがGAMOさんの「どこのカメラが一番盛り上がってんだ〜!」のやつで、のっけから朝の絵面じゃないっていう・・・!(笑)その後、スカパラ30年の歴史を振り返り、歌モノの記念すべき第一弾「めくれたオレンジ」を最後に披露する、という流れに。

それにしても私は「めくれたオレンジ」が歌モノ第一弾だとは思ってなかったなあ〜。なぜならスカパラの『グランプリ』っていうアルバムには歌モノが多かったので。ただ、よく考えればその楽曲はオリジナルではなくてカバー曲だったんですよね。谷中さんが「めくれたオレンジ」から歌詞を書き始めたという話を今回初めて聞いた感じ。知らなかったなあ!

てことで、いよいよ田島さんが登場!田島さんがスタジオに出てくるときに、めっちゃ笑い声が聴こえてきたけどその様子は映し出されなくて、「なになに?何が起こってるんだー!」って思いながら見てました(笑)テレビに映る元気そう&楽しそうな田島さんを見て私はもちろんファンは皆とっても嬉しかったんじゃないかと。本当にありがとう、『スッキリ』さん!ライブコーナーしかほぼ観たことないけど(笑)

今回、久しぶりに歌えることや、良い歌詞を書くと谷中さんにほめられたことなどいろいろ嬉しかったのか、とにかくハイタッチ多めの田島さんでありました。バッチーン!っておっきな音を立てていろんな人としてたハイタッチは何度見返しても楽しい(笑)田島さんとスカパラは活動期間も同じくらいかと思われるし、その間にある友情みたいのがとってもいいなあ〜!と思いました。

さて、田島さんが歌ったのはもちろん「めくれたオレンジ」!気合充分な田島さんの渾身のパフォーマンスはほんっとカッコ良かった!1曲しか歌ってないのにライブ中盤みたいなテンションなのもすごかった!「トウキョースカ!」っていうとこもめっちゃカッケかったい!(≧∇≦)最っ高!!とにかく田島さんもスカパラもめっぽうカッコ良くて、ライブ観たことない人は行ってみたくなったんじゃないかなあ〜と思います(^^)

そう・・・今はちょっと記憶が薄れつつありますが、最初の頃、コロナの集団感染が判明したのがまずライブハウスだったんですよね。で、ライブハウスは危険だ、感染の大元だ、みたいな言われ方をされてしまった。今回のパフォーマンスによって、ライブハウスに行ったことのない人たちによる"ライブ"に対する印象は格段に良くなっただろうなあ〜、と思います。

不安を抱えてるだろう全国の人たちもこの放送を観てきっと元気をもらえたと思うし。ずっと応援してる人がこうやって人に勇気を与えたり元気づけたりするのを見るのはとっても誇らしいし、素晴らしいなあと思いました(^^)

続いてスッキリ以降のテレビ出演の話題。まずはこのタイミングで昨年開催された田島さんが会場を湧かせに湧かせたJ-WAVE主催の音楽フェス・ギタージャンボリーの再放送もありました(3月26日)。さらに私が本放送を観損ねたCoversフェスの再放送も(3月29日)。BSPで放送されている『Covers』は1年に1度フェスが開催されていますが、田島さんはそのフェスに5年連続出演しています(最多出場)。

今回まず歌ったのは布施明さんの「君は薔薇より美しい」。田島さんは歌い上げる系の曲が似合う&ビッグバンド従えて歌うのも似合う!本当に舞台映えするなあ〜。そしてもう一曲カバーしたのが大瀧詠一さんの「指切り」。これまた良かった!リリーさんも思わずカッコいいって言ってましたね(^^)これはすごくとらえどころのない曲というか、歌詞の言葉の切り方も普通じゃなくて面白い曲だなあ〜と思いました。大瀧詠一さんてやっぱりすごかったんだなあ。

そして最後にフジテレビ『Lovemusic』への生出演について(3月30日)。これはせっかくの生放送ということで、いつもは1時前に寝る私だけど今回ばかりは生で観ようと待ち構えて観ました。この生放送は今回のコロナ禍の事態を受けて、歌の力で世の中を元気づけよう、というような趣旨があったものと思われます。

出演していたのは、田島さんと宮本浩次さん以外は若手のミュージシャンが多かった印象。田島さんはトリで登場しました。一体何を歌うのかな?と思ってたらなんとリゾネーターギターでのフィエスタ!Σ(゚Д゚)初めて観た人の中にはあの銀ピカのギターは何?って思った人も多いんじゃないかな。まあ〜、大迫力のパフォーマンスでカッコ良かったです!

・・・ということで、テレビ出演についてまとめてみました。次回はお誕生日祝福ウィークの総まとめを書く予定です!たぶん!

posted by chocola at 23:01| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

ブラタモリ「島原・天草〜なぜキリシタンは250年も潜伏できた?〜」

こないだTears For Fearsの「Sowing The Seeds Of Love」という曲にもう一度出合えて嬉しかった、という話を書きました(その記事はコチラ→Tears For Fears)


その記事を書いてからも、もう何回となくこの曲をYouTubeで再生して観ていました。そして、こないだの土曜日。いつものように『ブラタモリ』を観ていると、その日は島原は隠れキリシタンについての回でした。そもそも日本史が大の苦手だった私は隠れキリシタンについては踏み絵ぐらいしかわかってなかった(^-^;

なので、隠れキリシタンがおよそ250年もの間、まさに水面下でずーっと信仰を持ち続けていたことに本当に驚きました。その隠れ具合ったら身内にさえ黙っているほどの徹底っぷり!Σ(゜Д゜)当時はやはり幕府の隠れキリシタンの取り締まりも厳しく、キリスト教徒たちはありとあらゆる手段でその信仰を隠そうとしました。

たとえば、十字架の代わりに寛永通宝を8枚使って十字架の形に並べたり、しめ縄を一年中飾っておいて、表向き神社を信仰しているように見せかけたり・・・そういった隠れキリシタンが持っていたいくつかの信心具らの一つを見て「あれっ?」と思いました。これどっかで見たことあるぞ?しかもつい最近。

それがこちら。
20200315084031377.jpg
(西日本新聞HPより)

アワビの貝殻の内側の部分。その中の模様の一部をマリア様に見たてて崇拝していたそうなんですが・・・これを見てハッとしました。これ、先ほど挙げた"Sowing The Seeds Of Love"のMVに映ってたやつじゃ・・・?!他のモチーフと共に、アワビの貝殻の裏表が回転しながら、結構意味ありげな感じで映っていたのです。

それが以下。YouTubeの画像をスクショしました。
20200315090036919.jpg20200315231911726.jpg

MVでは他にもエジプトのアンクや大仏など、かなり宗教的な意味合いのあるモチーフが続けて映し出されたりする中、なんで貝??と疑問に思っていました。もしもそういう宗教的な意味合いであるなら、ひょっとするとTears For Fearsは隠れキリシタンの信心具のことを知っていた、ということになります・・・!(あくまで仮説ですけど!)

いや、もしかすると全っ然違う意味合いなのかもしれないし、そもそも単に美しいから、という理由でMVに取り入れたのかも(たとえばMVに出てくるヒマワリは彼らの好きな花だかららしい)。でも曲の中で「本を読め!」と言ってるくらいのグループだから、彼らが隠れキリシタンについて知っていてもおかしくはない気もする。

ああ、チャンスがあれば彼らに質問してみたいなあ〜。あの貝はどういう意味合いで映像に入れたんですか?って・・・!(≧∇≦)

・・・ということで、私の仮説は全然違ってるかもしれないんだけど、アワビの貝殻のキラキラ、という点では間違いなく時空を超えて繋がったわけです。問いと答えはこの世に同時に生まれるって言うけれど、問い続けてると答えは向こうからやって来るっていうことはやっぱりあるんだなあ〜!と思いました(^^)

posted by chocola at 23:46| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

ジム・ヘンソンさん

こないだセサミストリートについての話題を書きましたが、カーミットをはじめとしたマペットたちを動かしてる人ってすごいな!と思いつつ、誰が動かしているのかまで調べようとは思いませんでした。そもそも黒子だから表に出ないだろうな、という考えもあったし。

しかし、こないだたまたまタイムラインにカーミットを手にして写っている男性の写真が流れてきて「えっ?!この人がカーミットを動かしてたの?!Σ( ゚Д゚)」とビックリしました。それがまあ〜とても良い写真で・・・!勝手にあげちゃいますけど。

JIM HENSON.jpg

名前はジム・ヘンソンさん。だいぶ昔ですが『ラビリンス 魔王の迷宮』というデヴィッド・ボウイが出演した映画がありました。私は子供のころにそれを見てるのですが、ジム・ヘンソンさんについて調べていて、この映画は彼が監督した作品だったと知ってビックリ!もう一度それを踏まえて観てみたいなあ。

そんなジム・ヘンソンさんが生み出したセサミストリートのマペットたち、すっっごい表情が豊かなんです。人形なのに!おそらく手で口をパクパクさせて動かしてるだけだろうと思うんですけど、特にカーミットの表情は豊かでわかりやすいように思う。私が好きなカーミットは多分、ジム・ヘンソンさんが動かして息を吹き込んだカーミットなんだろうな。

2011年には『マペッツ』っていうセサミストリートのキャラたちが出てくる映画が作られて、セサミストリートが好きだった私はその作品を観ました。しかし、昔セサミストリートを夢中になって観た時ほどの楽しさが感じられなくて、私はそれを自分が年を重ねてきてしまったからかな・・・と思ったんですけど、どうやらそうではなかった。

なぜかというと『マペッツ』の時にはもうジム・ヘンソンさんは亡くなっていて映画に関わってないんですね。おそらく、ジム・ヘンソンさんの遺志を受け継いだ素晴らしい操り人形師さんたちもいるだろうと思われるんですけど、ジム・ヘンソンさんが動かしたマペットと、他の人が動かすマペットでは全然違うように思う。人形に魂を込められるジム・ヘンソンさんは本当にすごかった。

ちなみにスター・ウォーズのヨーダもジム・ヘンソンさんの会社が製作に関わっているそう。こうやって聞くと実績だけでもうすごい!って思っちゃいますけど、私がすごい!と思ったのは実績とは関係なく、本当にマペットの表情や動きがまるで生きてるみたいで感動したから。


多分この動画あたりは私がよく観ていたころのカーミットじゃないかなあと。トレンチコートが世界一似合うカエル、最高(笑)人形劇は子供が見るものと思ったら大間違い。今回調べていてジム・ヘンソンさんが手掛けた作品で観ていないのがまだたくさんあると判明したので、ちょっとずつ観れたらなあと思います。

posted by chocola at 00:52| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。